女子コミ!

ブックストアトップ 

書籍 

文芸 

幕末あどれさん

お客様のご利用環境では、書籍を閲覧するための専用ビューアーをご利用になれません。

必要な動作環境はこちら

幕末あどれさん

著作:松井今朝子

価格: 594円+税47円

3.804

Tポイント進呈! プレミアム会員なら2倍!!

Tポイントでもご購入できます! 登録はこちら

お買い物の前に3,000ポイントゲット!

黒船の砲声が切って落とした維新の幕。あらゆる価値観が激変する中、旗本の二男坊、久保田宗八郎と片瀬源之介の人生も激流に飲み込まれていく。武士に嫌気がさした宗八郎は芝居に出合い、狂言で生きる決心をする。一方、源之介は徳川家への忠誠心から陸軍に志願するが……。時代に翻弄される名もなき若者=あどれさんの青春と鬱屈を活写した傑作。

対応デバイス:
  • パソコン
  • スマートフォン
  • タブレット
  • アプリ未対応

本作品はお客様がご利用されている 環境には対応しておりません。

この商品は電子書籍です。紙の書籍ではありません。

レビュー・感想

総合 3.80(4件) ブクログ

すべてのレビュー

  • 4

    SOHO2015年10月26日

    旗本の次男坊、宗八郎は武士に嫌気がさして狂言作者の道に入り、どうしようもない兄を持つ源之助は幼なじみの許嫁を待たせつつ創設されたばかりの陸軍に志願する。時代に翻弄された、あどれさん(フランス語で若者の意)を描く。

    読み始めたら...

    全文表示
  • 3

    tsucchy2013年8月12日

    幕末から明治維新にかけて、二人の旗本の次男坊が時代の波に翻弄される物語。

    ベースとしてその時代の歌舞伎を裏側から描くことにより、江戸の町の幕末の雰囲気を明らかにしながら、名も無い若者が、武士の存在価値がなくなっていくその時代を...

    全文表示
  • 4

    MP2013年1月24日

    同じ作者の「銀座開化おもかげ草紙」という作品が気になっていたのですが、本作がその前日譚と知りまずはこちらから読む事に。幕末を題材にした小説というと激動の只中に飛び込む主人公を想像しがちですが、この作品では一歩引いた位置から時代の波に呑まれる...

    全文表示

次の5件を見る

ネタバレなしのレビュー

次の5件を見る

  • ※作品により、電子書籍と紙の書籍とでは内容が違う場合がございます。
  • ※Yahoo!プレミアム会員のお客様は、「価格」欄にYahoo!プレミアムのアイコンがついた作品を会員価格でご購入いただけます。
Yahoo!プレミアム会員登録はこちら
幕末あどれさん
提供
開始日
2013年
10月4日
ファイル
容量
約1MB
初版 -
掲載雑誌
/レーベル
幻冬舎時代小説文庫
出版社 幻冬舎
カテゴリー 文芸
ジャンル 日本文学
  • めいっぱいグラビアセール(書籍)
  • かんき出版創立40周年記念 あなたの悩みにこたえる、自分を変える40冊40%OFF!(書籍)
  • お仕事「時短術」特集(書籍)

▲ページトップへ

タイプを選び、表示されたソースを貼りつけてください。

閉じる