ブックストアトップ 

書籍 

専門書 

強毒型インフルエンザ

お客様のご利用環境では、書籍を閲覧するための専用ビューアーをご利用になれません。

必要な動作環境はこちら

強毒型インフルエンザ

著作:岡田晴恵

価格: 602円+税48円

3.503

Yahoo!プレミアム会員になるとポイント5倍!

2010年秋以降、全国各地で鳥インフルエンザの感染事例が報告されている。鳥型から人型にウイルスが突然変異する可能性も高まっている。病原性の強いH5N1型の新型インフルエンザである。しかし、国民には2009年春の豚インフルエンザの流行で世界的流行(パンデミック)は済んだとの楽観的な印象が残っている。本書はこうした楽観論を戒め、2011年の秋冬に向けて急ぎ対策を講ずるべきだと説く。今後も毎年冬季に恒常的に強毒型鳥インフルエンザが日本で発生を繰り返すことも懸念されるという。それはシベリアの北極圏の営巣地帯に強毒型ウイルスが定着したことが報告されているからだ。いまわれわれに必要なのは、ワクチンや抗インフルエンザ薬の備蓄、発生時の行動計画の策定、さらには個人、家庭でできる対策である。「想定外」ではすまされない、科学的な裏づけによる想定された危機に対処するための最新情報を網羅した。

対応デバイス:
  • パソコン
  • スマートフォン
  • タブレット
  • アプリ未対応

本作品はお客様がご利用されている 環境には対応しておりません。

この商品は電子書籍です。紙の書籍ではありません。

レビュー・感想

総合 3.50(3件) ブクログ

すべてのレビュー

  • 3

    水源地2013年4月15日

    2009年に新型インフルエンザが流行し、問題意識が高まったが、結局は弱毒性だった。しかし、本来のH5N1の鳥インフルエンザの恐怖は去っていないということを明確に訴えたい2011年発刊の本。

    2013年4月、中国でH7N9型の鳥...

    全文表示
  • 4

    polyhedron2012年7月13日

     H5N1型ウイルスの危機は去っていない。2009年に弱毒型の新型インフルエンザが流行して,日本人の間では危機感が薄れているが,強毒型は全く別物。十分な対策が望まれる,と警鐘を鳴らす。
     当時は報道が過熱気味で,いろいろ情報収集をした...

    全文表示
  • 0

    phnet2011年5月24日

    強毒性新型インフルエンザの大流行は、想定しうる危機である。それはどれほどの健康被害、社会的影響があるのか。強毒性インフルエンザの現状を分析し、その行方を探り、対処法をまとめた。

次の5件を見る

ネタバレなしのレビュー

次の5件を見る

  • ※作品により、電子書籍と紙の書籍とでは内容が違う場合がございます。
  • ※Yahoo!プレミアム会員のお客様は、「価格」欄にYahoo!プレミアムのアイコンがついた作品を会員価格でご購入いただけます。
Yahoo!プレミアム会員登録はこちら
強毒型インフルエンザ
提供
開始日
2013年
8月23日
ファイル
容量
約7MB
初版 -
掲載雑誌
/レーベル
PHP新書
出版社 PHP研究所
カテゴリー 専門書
ジャンル 医学、薬学
  • 解禁シリーズ6周年セール(書籍)
  • デジイチ2017 第3弾(書籍)
  • 2017年ノーベル文学賞受賞 カズオ・イシグロ特集(書籍)

▲ページトップへ

タイプを選び、表示されたソースを貼りつけてください。

閉じる