女子コミ!

ブックストアトップ 

書籍 

専門書 

日本はスウェーデンになるべきか

お客様のご利用環境では、書籍を閲覧するための専用ビューアーをご利用になれません。

必要な動作環境はこちら

日本はスウェーデンになるべきか

著作:高岡望

価格: 602円+税48円

3.7018

Tポイント進呈! プレミアム会員なら2倍!!

Tポイントでもご購入できます! 登録はこちら

お買い物の前に3,000ポイントゲット!

リーマン・ショック後の世界はどのような国家モデルを目指せばよいのか。市場機能重視の「小さな政府」か、財政機能を重視した「大きな政府」か。一方、巨額の財政赤字を抱える日本はどうするのか? 万能薬とはなりえないが、一つの答えが「スウェーデン・モデル」である。同じ大きな政府の中でも、この国の財政は健全で、「世界トップクラスの所得・国際競争力」を誇り、年金・医療・雇用・税制にも個性的な政策が並ぶ。今、決定的に重要なのは、無批判にこの北欧の雄を成功モデルとして礼賛することではない。日本との立場の違いを明確にした上で、深く多面的に理解することなのだ。読了の後、「日本はスウェーデンになるべきか」というスウェーデン公使からの問いにわれわれは一つの方向性を見出すはずだ。

対応デバイス:
  • パソコン
  • スマートフォン
  • タブレット
  • アプリ未対応

本作品はお客様がご利用されている 環境には対応しておりません。

この商品は電子書籍です。紙の書籍ではありません。

レビュー・感想

総合 3.70(18件) ブクログ

すべてのレビュー

  • 4

    neutralerstadt2017年3月29日

    日本はスウェーデンになるべきか——本書を読んだ感想としては、NOです。
    否定される一番の要因は、国民が政府を信頼している点にあります。国家が国民を一元管理し、プライバシーもへったくれもない管理国家の印象を受けま...

    全文表示
  • 4

    tezoooka2015年2月9日

    特に福祉の側面からは、隣の芝生に見えるスウェーデン。その「スウェーデンの本質」というものを、公使という立場から思索している。何度も記されているのが「規律に基づいた組織」と「自立した個人」という言い回しで、お互いを慮り阿吽の呼吸で共助する日本...

    全文表示
  • 5

    ASH2014年8月11日

     今年の4月からスウェーデン語を勉強し始めた自分にとってスウェーデンの文化について断面的に横断しているこの書は概論として非常に良かった。
     筆者によるとスウェーデン人の強さの秘密には2つの側面「自立した強い個人」と「規則に基づく組織力...

    全文表示

次の5件を見る

ネタバレなしのレビュー

次の5件を見る

  • ※作品により、電子書籍と紙の書籍とでは内容が違う場合がございます。
  • ※Yahoo!プレミアム会員のお客様は、「価格」欄にYahoo!プレミアムのアイコンがついた作品を会員価格でご購入いただけます。
Yahoo!プレミアム会員登録はこちら
日本はスウェーデンになるべきか
提供
開始日
2013年
8月23日
ファイル
容量
約3MB
初版 -
掲載雑誌
/レーベル
PHP新書
出版社 PHP研究所
カテゴリー 専門書
ジャンル 社会、政治
  • めいっぱいグラビアセール(書籍)
  • 解禁シリーズ5月セール(書籍)
  • かんき出版創立40周年記念 あなたの悩みにこたえる、自分を変える40冊40%OFF!(書籍)

▲ページトップへ

タイプを選び、表示されたソースを貼りつけてください。

閉じる