女子コミ!

ブックストアトップ 

書籍 

文芸 

殺しの四人 仕掛人・藤枝梅安(一)

お客様のご利用環境では、書籍を閲覧するための専用ビューアーをご利用になれません。

必要な動作環境はこちら

殺しの四人 仕掛人・藤枝梅安(一)

著作:池波正太郎

価格: 400円+税32円

4.308

Tポイント進呈! プレミアム会員なら2倍!!

Tポイントでもご購入できます! 登録はこちら

お買い物の前に3,000ポイントゲット!

品川台町に住む鍼医師・藤枝梅安。表の顔は名医だが、その実、金次第で「世の中に生かしておいては、ためにならぬやつ」を闇から闇へ葬る仕掛人であった。冷酷な仕掛人でありながらも、人間味溢れる梅安と相棒の彦次郎の活躍を痛快に描く。「鬼平犯科帳」「剣客商売」と並び称される傑作シリーズ第1弾。

対応デバイス:
  • パソコン
  • スマートフォン
  • タブレット
  • アプリ未対応

本作品はお客様がご利用されている 環境には対応しておりません。

この商品は電子書籍です。紙の書籍ではありません。

レビュー・感想

総合 4.30(8件) ブクログ

すべてのレビュー

  • 4 ネタバレ

    Makoto2015年6月23日

    仕掛人・藤枝梅安シリーズの実質の1巻というところでしょうか。
    短篇集になります。
    自分はコミック版を読んで、面白いと思って梅安先生にハマったわけですが、やっぱり面白いです。
    自分が読んだコミック版だと梅安先生は延髄に刺して...

    全文表示
  • 4

    フムトアンデル2014年6月2日

    鬼平でお馴染み、池波正太郎の悪漢小説。斬新な殺人術、仕掛人という造語で昔は人気を博したそうだ。今読むとハードボイルドなバディ(男性コンビ)ものとしても紹介できそう。
    登場人物の背景として、やたらとご飯を食べるところが出てくる。ひとりも...

    全文表示
  • 5 ネタバレ

    ケイコ2013年5月30日

    時代小説。「仕掛人・藤枝梅安」シリーズ第1弾。短編5作。

    「おんなごろし」「殺しの四人」「秋風二人旅」「後は知らない」「梅安晦日蕎麦」

    鍼医者の梅安と楊枝屋の彦次郎は、蔓からの依頼を受けて人を暗殺する仕掛人である...

    全文表示

次の5件を見る

ネタバレなしのレビュー

次の5件を見る

  • ※作品により、電子書籍と紙の書籍とでは内容が違う場合がございます。
  • ※Yahoo!プレミアム会員のお客様は、「価格」欄にYahoo!プレミアムのアイコンがついた作品を会員価格でご購入いただけます。
Yahoo!プレミアム会員登録はこちら
殺しの四人 仕掛人・藤枝梅安(一)
提供
開始日
2013年
8月23日
ファイル
容量
約1MB
初版 -
掲載雑誌
/レーベル
講談社文庫
出版社 講談社
カテゴリー 文芸
ジャンル 歴史、時代劇
  • めいっぱいグラビアセール(書籍)
  • 小学館新書祭り!!!(書籍)
  • かんき出版創立40周年記念 あなたの悩みにこたえる、自分を変える40冊40%OFF!(書籍)

▲ページトップへ

タイプを選び、表示されたソースを貼りつけてください。

閉じる