ブックストアトップ 

書籍 

文芸 

決戦 奥右筆秘帳(十二)

お客様のご利用環境では、書籍を閲覧するための専用ビューアーをご利用になれません。

必要な動作環境はこちら

決戦 奥右筆秘帳(十二)

著作:上田秀人

価格: 676円+税54円

3.908

Yahoo!プレミアム会員になると通常ポイント2倍+期間固定Tポイント3倍※!


※Yahoo!プレミアム会員になるとこちらの特典が受けられます。
※進呈するポイントは、期間固定Tポイントです。Yahoo! JAPAN、LOHACO、GYAO! 以外では利用できません。
※期間固定Tポイントの有効期間はポイント進呈日の翌々月末日までとなります。

「この文庫書き下ろし時代小説がすごい!」第一位に輝き、圧倒的な読み応えで読者を魅了した「奥右筆秘帳」シリーズが、いよいよ完結! 筆の力だけで身を守り、将軍位をめぐる暗闘を知った奥右筆組頭・立花併右衛門。隣家の次男で剣術の腕のみの若者衛悟を護衛役にする。愛娘瑞紀の拐かしから端を発した陰謀の数々を三人は乗り越え、衛悟を婿に迎えることに。だが、かなわぬ強敵・冥府防人が最後に衛悟の前に立ちはだかっている!(講談社文庫)

対応デバイス:
  • パソコン
  • スマートフォン
  • タブレット
  • アプリ未対応

※購入済み商品はカートに追加されません。

レビュー・感想

総合 3.90(8件) ブクログ

すべてのレビュー

  • 3

    あやごぜ2015年11月14日

    シリーズ完結。

    衛悟と、(宿敵というか、なんだか師匠みたいになっていた)冥府防人との決戦、そして将軍位をめぐる争いにもついに決着が。。。
    衛悟の今後が気になるので、衛悟メインでの続編希望です。

  • 4

    nonmasashi0032013年12月12日

    シリーズ第十二弾での完結編
    将軍継承問題、何か適当にけりをつけた印象
    冥府防人と併吾の最終の闘いも何か物足らない
    機会があれば続編?
    京との決着はついてないし、
    将軍家(徳川)の闇・秘密−嫡男廃嫡の...

    全文表示
  • 5

    kitano2013年10月26日

    筆の戦い・・・最後の決戦
    あんなに求めた将軍職は幻想でしかなかったのか?
    虚しい設定の中人物を動かす小説本来の面白さ
    終わっちゃった・・・

次の5件を見る

ネタバレなしのレビュー

次の5件を見る

  • ※作品により、電子書籍と紙の書籍とでは内容が違う場合がございます。
  • ※Yahoo!プレミアム会員のお客様は、「価格」欄にYahoo!プレミアムのアイコンがついた作品を会員価格でご購入いただけます。
Yahoo!プレミアム会員登録はこちら
決戦 奥右筆秘帳(十二)
提供
開始日
2013年
8月23日
ファイル
容量
約1MB
初版 -
掲載雑誌
/レーベル
講談社文庫
出版社 講談社
カテゴリー 文芸
ジャンル 歴史、時代劇
  • ラノベ ラッピングフェア冬 ビーズログ文庫編(書籍)
  • 幻冬舎新書 300円or500円キャンペーン!!(書籍)
  • 2017 冬もぴっかぴか小デジ!感謝祭(書籍)

▲ページトップへ

タイプを選び、表示されたソースを貼りつけてください。

閉じる

最大10000pt! ブックストア年末セール開催中 閉じる