お客様のご利用環境では、書籍を閲覧するための専用ビューアーをご利用になれません。

必要な動作環境はこちら

検屍官

価格: 700円+税56円

3.70105

Yahoo!プレミアム会員になるとポイント5倍!

襲われた女性たちは皆、残虐な姿で辱められ、締め殺されていた。バージニア州都リッチモンドに荒れ狂った連続殺人に、全市が震え上がっていた。犯人検挙どころか、警察は振回されっ放しなのだ。最新の技術を駆使して捜査に加わっている美人検屍官ケイにも魔の手が――。MWA処女作大賞受賞の傑作長編。1992年週刊文春ミステリーベスト10(海外部門)第1位。(講談社文庫)

対応デバイス:
  • パソコン
  • スマートフォン
  • タブレット
  • アプリ未対応

本作品はお客様がご利用されている 環境には対応しておりません。

この商品は電子書籍です。紙の書籍ではありません。

レビュー・感想

総合 3.70(105件) ブクログ

すべてのレビュー

  • 0 ネタバレ

    reinou2017年1月21日

     1992年刊行。張られた伏線からすれば、ラストは些か拍子抜けではあるが、途中はなかなか読ませる。特に、体臭の化学的分析、PCへの不正アクセス方法、遺体検視、DNA分析など、理系的ギミックを上手く活用している。また、この種の猟奇殺人をモチー...

    全文表示
  • 4 ネタバレ

    ashisas2016年12月31日

    パトリシア・コーンウェルの検屍官ケイ・スカーペッタもの、その第一作目。本来だったら刊行順で読んでいくのが筋だと思いますが、自分はなぜか三作目だったか四作目から読み始め、ようやく一作目を読むに至りました。

    この後の作品群と比べる...

    全文表示
  • 3

    シガー&シュガー2016年11月10日

    当時どのような評価を受けたのか調べていませんが、個人的には女性たちの闘いの物語なのだな、と感じました。
    男性社会で孤軍奮闘する女性主人公の姿を連続殺人の操作の中に描写するコーンウェルの筆には、彼女自身の経験も入っているのでしょう。同性...

    全文表示

次の5件を見る

ネタバレなしのレビュー

次の5件を見る

  • ※作品により、電子書籍と紙の書籍とでは内容が違う場合がございます。
  • ※Yahoo!プレミアム会員のお客様は、「価格」欄にYahoo!プレミアムのアイコンがついた作品を会員価格でご購入いただけます。
Yahoo!プレミアム会員登録はこちら
検屍官
提供
開始日
2013年
8月20日
ファイル
容量
約1MB
初版 -
掲載雑誌
/レーベル
講談社文庫
出版社 講談社
カテゴリー 文芸
ジャンル 日本ミステリ、サスペンス
  • フラウス写真集10円SALE 秋のグラビアキャンペーン(書籍)
  • デジイチ2017 第2弾(書籍)
  • 秋のオーバーラップ試し読み増量フェア!(書籍)

▲ページトップへ

タイプを選び、表示されたソースを貼りつけてください。

閉じる