ブックストアトップ 

書籍 

文芸 

青春の門 第四部 堕落篇 【五木寛之ノベリスク】

お客様のご利用環境では、書籍を閲覧するための専用ビューアーをご利用になれません。

必要な動作環境はこちら

青春の門 第四部 堕落篇 【五木寛之ノベリスク】

著作:五木寛之

価格: 667円+税53円

3.303

Yahoo!プレミアム会員になるとポイント5倍!

人間は生き、人間は堕ちる──春浅い北海道をあとに上京した信介の、重く澱んだ倦怠の日々。歌手を目ざす織江は去り、学友たちは政治運動に青春を賭ける。訣別の哀しみと熱い屈辱感のなか信介は限りない虚無を見つめていた。苛酷な運動に翻弄される青春の苦悩を描く大河ロマン。(講談社文庫)

対応デバイス:
  • パソコン
  • スマートフォン
  • タブレット
  • アプリ未対応

本作品はお客様がご利用されている 環境には対応しておりません。

この商品は電子書籍です。紙の書籍ではありません。

※購入済み商品はカートに追加されません。

レビュー・感想

総合 3.30(3件) ブクログ

すべてのレビュー

  • 3

    touxia2013年12月2日

    青春の門 堕落篇 五木寛之(著)

    北海道の演劇活動が失敗し、緒方、トミちゃんも東京に行った。
    オリエは、ホステスをしながら、歌をうたっていたが、
    その歌いぶりに、井原プロのオトコにスカウトされる。
    オ...

    全文表示
  • 4

    さるぼぼキング2011年6月8日

    悩み、揺れながら自分が進むべき道を模索する主人公、反共、反米、学生運動の高まりに身を投じて存在の意義を見出したかに思えたのもつかの間…。
    時代背景やそこから生まれる主義、思想、そういったものは今となっては響いてくるものは...

    全文表示
  • 3

    アルマゲドン立川2011年5月22日

    学生運動に徐々にのめり込む主人公の信介。梓先生との再会と一夜の情交。組織の暗部と誤解と裏切り。
    個人的には梓先生との描写をもっとじっくり楽しみたかったのに。残念。

次の5件を見る

ネタバレなしのレビュー

次の5件を見る

  • ※作品により、電子書籍と紙の書籍とでは内容が違う場合がございます。
  • ※Yahoo!プレミアム会員のお客様は、「価格」欄にYahoo!プレミアムのアイコンがついた作品を会員価格でご購入いただけます。
Yahoo!プレミアム会員登録はこちら
青春の門 第四部 堕落篇 【五木寛之ノベリスク】
提供
開始日
2013年
8月20日
ファイル
容量
約3MB
初版 -
掲載雑誌
/レーベル
講談社文庫
出版社 講談社
カテゴリー 文芸
ジャンル 日本文学
  • 角川歴彦新刊フェア(書籍)
  • 作って楽しい!食べておいしい!  「食」特集(書籍)
  • 要点が集約されてわかりやすいビジネス書特集(書籍)

▲ページトップへ

タイプを選び、表示されたソースを貼りつけてください。

閉じる

対象タイトル1000円ごとに200ポイントプレゼントキャンペーン開催中! 2017年度上半期おすすめタイトルをまとめてチェック! 閉じる