女子コミ!

ブックストアトップ 

書籍 

文芸 

青春の門 第二部 自立篇 【五木寛之ノベリスク】

お客様のご利用環境では、書籍を閲覧するための専用ビューアーをご利用になれません。

必要な動作環境はこちら

青春の門 第二部 自立篇 【五木寛之ノベリスク】

著作:五木寛之

価格: 667円+税53円

3.7011

Tポイント進呈! プレミアム会員なら2倍!!

Tポイントでもご購入できます! 登録はこちら

お買い物の前に3,000ポイントゲット!

筑豊の山河を後に、1人上京した伊吹信介。大学入学第1日目の失望、そして次々に開かれていく東京という未知の世界の扉。苦しい日々のなかの熱い友情と異性への想い。信介はいま青春のただなかにいる。だが、自らの命を賭ける夢は見いだせない。青年の魂の昂揚と愛を描く大河ロマン。【1977年2月、1982年1月公開映画 原作】(講談社文庫)

対応デバイス:
  • パソコン
  • スマートフォン
  • タブレット
  • アプリ未対応

本作品はお客様がご利用されている 環境には対応しておりません。

この商品は電子書籍です。紙の書籍ではありません。

レビュー・感想

総合 3.70(11件) ブクログ

すべてのレビュー

  • 0 ネタバレ

    nebaumeka2015年3月28日

    やはり主人公の勝ち組っぷりがどうにもすっきりしない。もてる男というだけで、若いときは勝利者なのだろう。加えて、大学にはいって本当にやりたいことを見つけたいって、五木寛之が原点なの?と思ってしまった。大学に入るも授業もろくに受けず、かといって...

    全文表示
  • 4 ネタバレ

    touxia2013年10月1日

    誠実に 自らの行くべき道を模索する青年の姿。伊吹信介。
    生くべきための自らの思想の確立を求めて
    あらゆる経験を得ようとする。
    プロレタリアートという言葉の響きによって、すべてを覆い尽くそうとする。
    大学が大学の本来的...

    全文表示
  • 4

    khachiya2012年7月17日

    生涯打ち込めるものを探して早稲田大学に入学。仕送りなしでバイト三昧。ボクシングから演劇へ。マルクス、弁証法、映画、文学、クラッシック音楽、コーヒーに赤線といった、学生時代にはまりやすいものが沢山出てくる。すっかり学生気分。

次の5件を見る

ネタバレなしのレビュー

次の5件を見る

  • ※作品により、電子書籍と紙の書籍とでは内容が違う場合がございます。
  • ※Yahoo!プレミアム会員のお客様は、「価格」欄にYahoo!プレミアムのアイコンがついた作品を会員価格でご購入いただけます。
Yahoo!プレミアム会員登録はこちら
青春の門 第二部 自立篇 【五木寛之ノベリスク】
提供
開始日
2013年
8月20日
ファイル
容量
約3MB
初版 -
掲載雑誌
/レーベル
講談社文庫
出版社 講談社
カテゴリー 文芸
ジャンル 日本文学
  • 異世界・転生フェア(書籍)
  • ちょっと今から仕事やめてくるフェア(書籍)
  • 解禁シリーズ5月セール(書籍)

▲ページトップへ

タイプを選び、表示されたソースを貼りつけてください。

閉じる