ブックストアトップ 

書籍 

文芸 

警視庁情報官 トリックスター

お客様のご利用環境では、書籍を閲覧するための専用ビューアーをご利用になれません。

必要な動作環境はこちら

警視庁情報官 トリックスター

著作:濱嘉之

価格: 550円+税44円

3.4031

Yahoo!プレミアム会員になるとポイント5倍!

複雑に絡んだ詐欺の連鎖――「また一つ繋がった……!」こんな警察小説、読んだことがない!汚い詐欺師(トリックスター)たちが、裏社会で手を結んでいたとしたら? 警視庁情報室の黒田は、複雑な詐欺の連鎖を一網打尽にしようと、財閥婦人、新興宗教家、大物代議士らを追及していったが……。社会の実相を見据えた描写と、警察小説史上類を見ないエピローグに度肝を抜かれる、唯一無二の情報エンターテインメント!

対応デバイス:
  • パソコン
  • スマートフォン
  • タブレット
  • アプリ未対応

本作品はお客様がご利用されている 環境には対応しておりません。

この商品は電子書籍です。紙の書籍ではありません。

※購入済み商品はカートに追加されません。

レビュー・感想

総合 3.40(31件) ブクログ

すべてのレビュー

  • 4

    林檎飴甘2017年2月24日

    テロリストたちに狙われた警視庁。
    事前に情報を手に入れ、テロ行為を察知した黒田たちの対応は見事だった。
    「ゴリブリホイホイ」作戦にはちょっと笑ってしまった。
    ずっと黒田が気にしていた「吉沢公総課長刺殺事件」も犯人逮捕という...

    全文表示
  • 0

    seasideparadise2016年12月20日

    シリーズ3冊目。情報官の話は、引き続き公安とか大きな贈収賄事件とか政治家とか省庁とかが絡むような事件。今回は国際的な経済ヤクザと新興宗教団体と政治家の間でのお金の流れ。しかし兆の世界になると庶民にはピンとこない。最初のうちに「毎日100万円...

    全文表示
  • 4

    timon2016年8月15日

    警視庁情報官シリーズ、3巻目。
    警視庁情報室の黒田は、巧妙に仕組まれた詐欺事件を捜査する。きな臭い財閥夫人の詐欺事件、詐欺師がベンチャー企業を食い物にする詐欺事件、新興宗教と大物政治家が複雑に絡み合い、複数の詐欺事件のつながりが見えて...

    全文表示

次の5件を見る

ネタバレなしのレビュー

次の5件を見る

  • ※作品により、電子書籍と紙の書籍とでは内容が違う場合がございます。
  • ※Yahoo!プレミアム会員のお客様は、「価格」欄にYahoo!プレミアムのアイコンがついた作品を会員価格でご購入いただけます。
Yahoo!プレミアム会員登録はこちら
警視庁情報官 トリックスター
提供
開始日
2013年
8月20日
ファイル
容量
約1MB
初版 -
掲載雑誌
/レーベル
講談社文庫
出版社 講談社
カテゴリー 文芸
ジャンル 日本ミステリ、サスペンス
  • 解禁シリーズ6周年セール(書籍)
  • 「ラブライブ!サンシャイン」2期放送記念フェア(書籍)
  • 秋のオーバーラップ試し読み増量フェア!(書籍)

▲ページトップへ

タイプを選び、表示されたソースを貼りつけてください。

閉じる