女子コミ!

ブックストアトップ 

書籍 

文芸 

指し手の顔(下) 脳男2

お客様のご利用環境では、書籍を閲覧するための専用ビューアーをご利用になれません。

必要な動作環境はこちら

指し手の顔(下) 脳男2

著作:首藤瓜於

価格: 600円+税48円

3.4040

Tポイント進呈! プレミアム会員なら2倍!!

Tポイントでもご購入できます! 登録はこちら

お買い物の前に3,000ポイントゲット!

連続爆破事件の共犯者という疑惑が残る鈴木一郎が連続殺人犯だというスクープが地元紙に載る。かつて精神鑑定を担当した真梨子に注目が集まる中、警察捜査の裏をかくように行動する鈴木一郎。残虐行為を繰り返す美貌の殺人者とは何者なのか? 乱歩賞受賞作『脳男』から7年、更なる問題作が満を持して登場。(講談社文庫)

対応デバイス:
  • パソコン
  • スマートフォン
  • タブレット
  • アプリ未対応

本作品はお客様がご利用されている 環境には対応しておりません。

この商品は電子書籍です。紙の書籍ではありません。

レビュー・感想

総合 3.40(40件) ブクログ

すべてのレビュー

  • 3

    yueli2017年1月19日

    黒幕や実行犯の背景がわかってきて、真梨子どうなる!?櫻子は無事なのか!?とドキドキさせられる中盤頃までは面白かった。しかし、尺が足りなかったのか、終盤はバタバタで結局実行犯の最後やら、茶屋の仲間?はどうなったのか、一郎の嘘か本当かわからない...

    全文表示
  • 3

    yasudawataru2016年8月6日

    精神科医を中心に、精神科患者と精神科患者を取り巻く世界を題材にしたサスペンスドラマの2。常識では考えられない世界に、警察機構がもてあそばれる部分は、ストーリーの主軸ではないのでやや稚拙。しかし精神病患者をとりまく世界はこれまた想像を越えてお...

    全文表示
  • 0

    ichico-152016年4月24日

    怒涛の下巻。脳男の過去も絡み、一気に展開するので、本の厚みを感じずさくさく読める。イブと犯人の関係性も興味深い。ただ、最後のまとめ方がやや強引な気も…え、そこで殺しちゃうんだ…?という。脳男の真の目的というような...

    全文表示

次の5件を見る

ネタバレなしのレビュー

次の5件を見る

  • ※作品により、電子書籍と紙の書籍とでは内容が違う場合がございます。
  • ※Yahoo!プレミアム会員のお客様は、「価格」欄にYahoo!プレミアムのアイコンがついた作品を会員価格でご購入いただけます。
Yahoo!プレミアム会員登録はこちら
指し手の顔(下) 脳男2
提供
開始日
2013年
8月20日
ファイル
容量
約1MB
初版 -
掲載雑誌
/レーベル
講談社文庫
出版社 講談社
カテゴリー 文芸
ジャンル 日本ミステリ、サスペンス
  • ちょっと今から仕事やめてくるフェア(書籍)
  • 小学館新書祭り!!!(書籍)
  • 解禁シリーズ5月セール(書籍)

▲ページトップへ

タイプを選び、表示されたソースを貼りつけてください。

閉じる