女子コミ!

ブックストアトップ 

書籍 

専門書 

「男」という不安

お客様のご利用環境では、書籍を閲覧するための専用ビューアーをご利用になれません。

必要な動作環境はこちら

「男」という不安

著作:小浜逸郎

価格: 556円+税44円

3.003

Tポイント進呈! プレミアム会員なら2倍!!

Tポイントでもご購入できます! 登録はこちら

お買い物の前に3,000ポイントゲット!

男が「弱くなった」「危なくなった」といわれて久しい。ここ数年、マスコミをにぎわす社会問題の主役は、大半が「男」である。未成年の殺人犯は大部分が男である。「ひきこもり」も、ほとんどが男だ。「もてない男」「結婚できない男」も増えている。ハゲ・コンプレックスに悩む男も話題に上る。精子が減少し、セックスレス・カップルが増加しているともいわれる。中高年に目を転じても、仕事に疲れたリストラおじさんや、家庭に居場所を見つけられない帰宅拒否症候群、自殺者の増大など、暗い話題が多い。いったい、何が彼らをそうさせているのか。他方、いまの日本の女たちはもはや男など頼りにせず、決然と自立を目指しているかのように多くのメディアは報じる。だが、それはほんとうなのだろうか――。現代日本の男たちが直面している困難を多面的に照らし出し、いまあらためて再考されるべき「男の値打ち」「男の生き方」を模索する真摯な論考。

対応デバイス:
  • パソコン
  • スマートフォン
  • タブレット
  • アプリ未対応

本作品はお客様がご利用されている 環境には対応しておりません。

この商品は電子書籍です。紙の書籍ではありません。

レビュー・感想

総合 3.00(3件) ブクログ

すべてのレビュー

  • 3

    しまうま2012年12月6日

    反フェミニズムの論陣を張っている著者が、現代において「男」として自己形成することの問題を論じた本。

    フェミニズムの論者は、「男らしさ」「女らしさ」といった規範は社会的に作られたものにすぎないと主張し、こうした窮屈な制度に縛られ...

    全文表示
  • 3

    mizuetakadaka2012年4月16日

    あまり心惹かれないタイトルの本だったのだけど、けっこう面白かった。

    「男」ってなんだったのか、これからの時代求められている「男」ってどんなんだろうか?
    と相対的に見てみることも大切ですよね。

  • 3

    sanbon-kei2011年8月24日

    全体を通して憶測に基づいた考えの上に成り立っているように感じた。
    現代の男というものに対して著者の個人的な考えを土台として
    他者から文章を引用してたたき台として論理を積み上げていく内容。

    評論というよりかはエッセイ...

    全文表示

次の5件を見る

ネタバレなしのレビュー

次の5件を見る

  • ※作品により、電子書籍と紙の書籍とでは内容が違う場合がございます。
  • ※Yahoo!プレミアム会員のお客様は、「価格」欄にYahoo!プレミアムのアイコンがついた作品を会員価格でご購入いただけます。
Yahoo!プレミアム会員登録はこちら
「男」という不安
提供
開始日
2013年
8月20日
ファイル
容量
約1MB
初版 -
掲載雑誌
/レーベル
PHP新書
出版社 PHP研究所
カテゴリー 専門書
ジャンル 社会、政治
  • 異世界・転生フェア(書籍)
  • 解禁シリーズ5月セール(書籍)
  • めいっぱいグラビアセール(書籍)

▲ページトップへ

タイプを選び、表示されたソースを貼りつけてください。

閉じる