女子コミ!

ブックストアトップ 

書籍 

文芸 

爺いとひよこの捕物帳 弾丸の眼

お客様のご利用環境では、書籍を閲覧するための専用ビューアーをご利用になれません。

必要な動作環境はこちら

爺いとひよこの捕物帳 弾丸の眼

著作:風野真知雄

価格: 506円+税40円

3.505

Tポイント進呈! プレミアム会員なら2倍!!

Tポイントでもご購入できます! 登録はこちら

お買い物の前に3,000ポイントゲット!

岡っ引きの下働き・喬太は、数多の戦火を潜り抜けてきた不思議な老人・和五助と、祝言の三日後に消えた大店の若旦那と嫁の行方を追う。町ではその喋り方から、嫁の正体がキツネだったのではないかという噂も立つ中、二人が捜査をすすめていくと、事件の裏に、かつて大店で働いていた二人の娘の悲劇が炙り出されてきた――。傑作捕物帳第二弾。

対応デバイス:
  • パソコン
  • スマートフォン
  • タブレット
  • アプリ未対応

本作品はお客様がご利用されている 環境には対応しておりません。

この商品は電子書籍です。紙の書籍ではありません。

レビュー・感想

総合 3.50(5件) ブクログ

すべてのレビュー

  • 2 ネタバレ

    yoshi-kato2015年4月18日

    岡っ引きの下働き・喬太は、老人・和五助の知恵を頼りに、事件の謎を解いていく。しかし、あくまでも親分万二郎の手助けという控えめな立ち位置である。一方、喬太の父親・鉄砲源太は喬太の成長を陰ながら見守っていた。

  • 4

    nonmasashi0032012年2月14日

    第二弾
    喬太の父は鉄砲の源次、四代将軍家綱を銃撃?で終わる
    下っ引きと引退忍者は健在
    短編三話は変わらないが全体の展開は?

  • 3

    pink_flamingo2011年9月8日

    風野真知雄さんの本は、耳袋から読みはじめ、妻はくノ一、徳川竜之助シリーズと読破。

    戦国ものもあるが、捕物系の話が一番面白い。
    これは、江戸初期で戦国時代を生き残った忍者と、へたれな岡っ引き見習いの話。

    やっ...

    全文表示

次の5件を見る

ネタバレなしのレビュー

次の5件を見る

  • ※作品により、電子書籍と紙の書籍とでは内容が違う場合がございます。
  • ※Yahoo!プレミアム会員のお客様は、「価格」欄にYahoo!プレミアムのアイコンがついた作品を会員価格でご購入いただけます。
Yahoo!プレミアム会員登録はこちら
爺いとひよこの捕物帳 弾丸の眼
提供
開始日
2013年
10月4日
ファイル
容量
約1MB
初版 -
掲載雑誌
/レーベル
幻冬舎時代小説文庫
出版社 幻冬舎
カテゴリー 文芸
ジャンル 歴史、時代劇
  • 解禁シリーズ5月セール(書籍)
  • 小学館新書祭り!!!(書籍)
  • ちょっと今から仕事やめてくるフェア(書籍)

▲ページトップへ

タイプを選び、表示されたソースを貼りつけてください。

閉じる