女子コミ!

ブックストアトップ 

書籍 

エンターテイメント 

なぜ日本は破綻寸前なのに円高なのか

お客様のご利用環境では、書籍を閲覧するための専用ビューアーをご利用になれません。

必要な動作環境はこちら

なぜ日本は破綻寸前なのに円高なのか

著作:藤巻健史

価格: 857円+税68円

3.2031

Tポイント進呈! プレミアム会員なら2倍!!

Tポイントでもご購入できます! 登録はこちら

お買い物の前に3,000ポイントゲット!

日本は財政破綻寸前で、大震災も経験したのに、どうして今こんなに円が強いのか?
『1ドル50円』などと言う人もいるけど、本当にそうなるのか?
いつ円が大暴落するのか?
日本の通貨は現在、国力を反映していないのはなぜか?
これから先、円はどうなるのか?
個人はどう資産を守ればいいのか?
これらについて伝説のディーラーであった著者がわかりやすく解説。
著者は「円と国債がバブルの極限で、はじける寸前」だと主張。
現在、円は「避難通貨」だと言われているが、完璧な誤解である。
今、円を買う人は「豪雨の時に、がけ崩れを起こしそうな崖下の廃屋で雨宿りをする」ようなものだ。そのメカニズムもわかりやすく解説。

対応デバイス:
  • パソコン
  • スマートフォン
  • タブレット
  • アプリ未対応

本作品はお客様がご利用されている 環境には対応しておりません。

この商品は電子書籍です。紙の書籍ではありません。

レビュー・感想

総合 3.20(31件) ブクログ

すべてのレビュー

  • 0

    poron3302015年1月19日

    主張的にはついこの間読んだ「世界経済「大動乱」を生きのびよ」と変わることは無い。この本の中で特に興味深かったのは、元米国財務省の財務官補(日本で言えば局長クラス)で、国際金融協会(IIF)のダラーラ専務理事がJPモルガンで著者と仕事をしてい...

    全文表示
  • 4

    gbh101032014年11月10日

    日本の財政が如何に危機的状況にあるかが、よくわかった。日本の債券を国民が買っていることによって、債務不履行に陥らない構図が理解できた。

  • 0

    okazatronics2013年12月11日

    わかりやすく読みやすい。同じような内容、主張の本は多いが、もとはこの人らしい。
    それを受けて具体的に何をすべきか、ももっと示して欲しい

次の5件を見る

ネタバレなしのレビュー

次の5件を見る

  • ※作品により、電子書籍と紙の書籍とでは内容が違う場合がございます。
  • ※Yahoo!プレミアム会員のお客様は、「価格」欄にYahoo!プレミアムのアイコンがついた作品を会員価格でご購入いただけます。
Yahoo!プレミアム会員登録はこちら
なぜ日本は破綻寸前なのに円高なのか
提供
開始日
2013年
10月4日
ファイル
容量
約1MB
初版 -
掲載雑誌
/レーベル
-
出版社 幻冬舎
カテゴリー エンターテイメント
ジャンル 日本文学
  • めいっぱいグラビアセール(書籍)
  • 夏目前!ダイエット特集(書籍)
  • 解禁シリーズ5月セール(書籍)

▲ページトップへ

タイプを選び、表示されたソースを貼りつけてください。

閉じる