ブックストアトップ 

書籍 

専門書 

イスラームの常識がわかる小事典

お客様のご利用環境では、書籍を閲覧するための専用ビューアーをご利用になれません。

必要な動作環境はこちら

イスラームの常識がわかる小事典

著作:鈴木紘司

価格: 602円+税48円

3.306

Yahoo!プレミアム会員になるとポイント5倍!

世界人口の約五人に一人がイスラーム教徒でありながら、日本人はイスラームやムスリムを正しく理解していない。「右手にクルアーン(コーラン)、左手に剣」という好戦的で危険な思想という見方は間違いである。歴史をふりかえれば、むしろ他宗教より排他的ではなく、理性や平和を重んじる教義なのだ。では現在、緊迫するイラク情勢、パレスティナ問題をどう見たらよいのか。本書は、日本人イスラーム教徒である著者が、ムハンマド誕生から教義の真髄、発展史、中東情勢の読み方までを解説。「なぜ日本には信徒が少ないのか」「『クルアーン』はどのように成立したのか」「イスラム五行とは」「一夫多妻制は本当か」など基本知識がない人にもわかりやすく説明する。さらに、多くの誤解や偏見をときほぐす。「ジハード」とは本来、「聖戦」ではなく「努力すること」という意味。イスラームはキリスト教を土台に生まれた等々。日本人ムスリムがアッラーの教えを説く。

対応デバイス:
  • パソコン
  • スマートフォン
  • タブレット
  • アプリ未対応

本作品はお客様がご利用されている 環境には対応しておりません。

この商品は電子書籍です。紙の書籍ではありません。

レビュー・感想

総合 3.30(6件) ブクログ

すべてのレビュー

  • 4

    とーこ2016年7月24日

    イスラームについての本は2冊目。
    筆者自身がムスリムということもあり、テロに対しての考え方など日本人と感覚が違って興味深い。
    イスラム教誕生からムハンマド死後の栄枯盛衰、現代までの歴史については非常にわかりやすく書かれている。<...

    全文表示
  • 0

    H.Sato2012年10月14日

    スペインがフィリピンでイスラムの東進を止めていたことと日本が鎖国していたため、日本には20世紀になるまでイスラムとの接点がなかった。
    神との契約をナニヨリも重視し、平和を祈っているのがムスリム。

  • 4

    柚輝2012年6月12日

    またイスラム世界が国際情勢の中でホットになってきている事を考え、一から学び直すために読んでみる。

    イスラムの考え方がとても平和的で家庭を大事にする教義であるという節から、今のテロって本当にイスラムの考えに基づいてやっている事な...

    全文表示

次の5件を見る

ネタバレなしのレビュー

次の5件を見る

  • ※作品により、電子書籍と紙の書籍とでは内容が違う場合がございます。
  • ※Yahoo!プレミアム会員のお客様は、「価格」欄にYahoo!プレミアムのアイコンがついた作品を会員価格でご購入いただけます。
Yahoo!プレミアム会員登録はこちら
イスラームの常識がわかる小事典
提供
開始日
2013年
8月20日
ファイル
容量
約2MB
初版 -
掲載雑誌
/レーベル
PHP新書
出版社 PHP研究所
カテゴリー 専門書
ジャンル 人文、思想
  • デジイチ2017 第3弾(書籍)
  • オススメエッセイ、雑学特集(書籍)
  • デジイチ2017 第2弾(書籍)

▲ページトップへ

タイプを選び、表示されたソースを貼りつけてください。

閉じる