ブックストアトップ 

書籍 

専門書 

なぜ<ことば>はウソをつくのか? 理性と直観の哲学バトル!

お客様のご利用環境では、書籍を閲覧するための専用ビューアーをご利用になれません。

必要な動作環境はこちら

なぜ<ことば>はウソをつくのか? 理性と直観の哲学バトル!

著作:新野哲也

価格: 602円+税48円

3.503

Yahoo!プレミアム会員になるとポイント5倍!

「赤い雪」や「空とぶ人」ということばはあっても実体はどこにもない。言語にはフィクションがつきまとうのだ。ならば<ことば>への過剰な思い入れを捨て、もっと悠々と快活に生きてみないか。元気や愛、聡明さや性格のよさなど、大事なことは、すべて<ことば>をこえたところからやってくるのだ。本書は、古今東西の思想家たちから、ほんとうに賢く、快活に生きるエッセンスを学ぶ哲学エッセイ34編。「勉強するほど頭が悪くなる」「反省は有害」「理屈っぽい人はしくじる」「なぜオレオレ詐欺にひっかかるのか」「一晩考えたことは後悔する」……。一見、パラドキシカルな見出しが並ぶが、そこには直観力を呼び覚ますヒントが詰まっている。結局、頭のよいひとは、直観で本質をとらえ、<ことば>や<論理>を過信するひとは、堂々めぐりに陥ってつまらないことにこだわる、というメッセージなのである。思考の深みをとびこえ、創造力と行動力が倍増する好著である。

対応デバイス:
  • パソコン
  • スマートフォン
  • タブレット
  • アプリ未対応

本作品はお客様がご利用されている 環境には対応しておりません。

この商品は電子書籍です。紙の書籍ではありません。

レビュー・感想

総合 3.50(3件) ブクログ

すべてのレビュー

  • 3

    tezoooka2010年4月27日

    あまり役にはたたなかったが面白い本だった。「理性と直感の哲学バトル」というサブタイトルを冠する哲学エッセイということになっているが、哲学本なのか自己啓発本なのかちょっと判断に困ってしまう。
    この本の趣旨は、実は最初の異ページ目で語り尽...

    全文表示
  • 0

    piyopiyo..2008年6月2日

    話せば話すほど書けば書くほど伝えたい事から離れていく事がある。そんな時私はことばから離れたくなる。たくさんのことばより深い溜息の方が雄弁に真実を語っていたりする。

  • 4

    manybook2006年3月28日

    後ろを振り返ると、感想や思い、反省や批判が渦巻いている。だが、前には何もない。何もないから何でもできる

    ことばで考えるということは、ことばに捕まること。「ああでもないこうでもない」と考えるのは、ことば(意識)についてあれこれと...

    全文表示

次の5件を見る

ネタバレなしのレビュー

次の5件を見る

  • ※作品により、電子書籍と紙の書籍とでは内容が違う場合がございます。
  • ※Yahoo!プレミアム会員のお客様は、「価格」欄にYahoo!プレミアムのアイコンがついた作品を会員価格でご購入いただけます。
Yahoo!プレミアム会員登録はこちら
なぜ<ことば>はウソをつくのか? 理性と直観の哲学バトル!
提供
開始日
2013年
8月20日
ファイル
容量
約1MB
初版 -
掲載雑誌
/レーベル
PHP新書
出版社 PHP研究所
カテゴリー 専門書
ジャンル 人文、思想
  • 新刊配信記念 人気著者作品試し読み増量キャンペーン!!(書籍)
  • 小学館文庫 20周年キャンペーン(書籍)
  • 2017年ノーベル文学賞受賞 カズオ・イシグロ特集(書籍)

▲ページトップへ

タイプを選び、表示されたソースを貼りつけてください。

閉じる