ブックストアトップ 

書籍 

専門書 

監察医が書いた 死体の教科書

お客様のご利用環境では、書籍を閲覧するための専用ビューアーをご利用になれません。

必要な動作環境はこちら

監察医が書いた 死体の教科書

著作:上野正彦

価格: 900円+税72円

3.004

Yahoo!プレミアム会員になるとポイント5倍!

死因特定のミスが相次いでいる。なぜ、そういうことが起きるのか。元東京都監察医務院長で何度も逆転鑑定も行っている名監察医が、1・いつ(時間)、2・どこで(場所)、3誰が(犯人)、4・誰と(共犯)、5・何ゆえ(動機)、6・誰に対して(被害者)、7・いかにして(殺害方法)、8・いかにした(結果)など、実際の2万体の検死のときに用いた8何の原則を初めて明かした、死体のすべてがわかる一冊。

対応デバイス:
  • パソコン
  • スマートフォン
  • タブレット
  • アプリ未対応

本作品はお客様がご利用されている 環境には対応しておりません。

この商品は電子書籍です。紙の書籍ではありません。

レビュー・感想

総合 3.00(4件) ブクログ

すべてのレビュー

  • 4

    kr882013年5月17日

    [作品]
    2010年。朝日新聞出版。

    元東京都監察医務医院院長
    ベストセラー「死体は語る」著者 上野正彦

    [感想]
    本書は東京で30年間監察医を勤めた著者が語る、検死における「8何の原則」

    全文表示
  • 2

    ■蛇女■2012年10月16日

    死体を見分する時の8何の原則を
    実例を交えながら、説明しているという……
    著者曰く集大成の本とのことだが
    うーむ、基本の基本ということで、それだけ。

  • 4

    yukidarumagasuki2012年8月5日

    土曜ワイド劇場の裏側を読んでいるようなそんな感じ。

    リアルで監察医の執筆したものを読むのは面白かった。

次の5件を見る

ネタバレなしのレビュー

次の5件を見る

  • ※作品により、電子書籍と紙の書籍とでは内容が違う場合がございます。
  • ※Yahoo!プレミアム会員のお客様は、「価格」欄にYahoo!プレミアムのアイコンがついた作品を会員価格でご購入いただけます。
Yahoo!プレミアム会員登録はこちら
監察医が書いた 死体の教科書
提供
開始日
2013年
8月20日
ファイル
容量
約1MB
初版 -
掲載雑誌
/レーベル
-
出版社 朝日新聞出版
カテゴリー 専門書
ジャンル 医学、薬学
  • オススメエッセイ、雑学特集(書籍)
  • 「ラブライブ!サンシャイン」2期放送記念フェア(書籍)
  • デジイチ2017 第1弾(書籍)

▲ページトップへ

タイプを選び、表示されたソースを貼りつけてください。

閉じる