ブックストアトップ 

書籍 

文芸 

天冥の標 IV 機械じかけの子息たち

お客様のご利用環境では、書籍を閲覧するための専用ビューアーをご利用になれません。

必要な動作環境はこちら

天冥の標 IV 機械じかけの子息たち

著作:小川一水

価格: 780円+税62円

3.4052

Yahoo!プレミアム会員になるとポイント5倍!

「守らせてください。従わせてください。わたしに生きる許しをください。そして─」「わたくしたち市民は、次代の社会をになうべき同胞が、社会の一員として敬愛され、かつ、良い環境のなかで心身ともに健やかに成長することをねがうものです。麗しかれかし。潔かるべし」――純潔(チェイスト)と遵法(ロウフル)が唱和する。「人を守りなさい、人に従いなさい、人から生きる許しを得なさい。そして性愛の奉仕をもって人に喜ばれなさい」――かつて大師父は仰せられた。そして少年が目覚めたとき、すべては始まる。シリーズ第4巻。

対応デバイス:
  • パソコン
  • スマートフォン
  • タブレット
  • アプリ未対応

本作品はお客様がご利用されている 環境には対応しておりません。

この商品は電子書籍です。紙の書籍ではありません。

※購入済み商品はカートに追加されません。

レビュー・感想

総合 3.40(52件) ブクログ

すべてのレビュー

  • 4

    ちょぴん2016年1月1日

    ドキドキf^_^;
    読んだのが、大人になってからで良かった(笑)
    今度は《恋人たち》がメインの話。
    人に奉仕するために作られた「人」たち。性愛の上にある最高の幸せって?
    自分が生きている事について考えることができるの...

    全文表示
  • 5

    ボクザン2015年9月13日

    恋人たち(ラヴァーズ)がメインの巻だけあって最初から最後まで「性愛」一色。
    そんな中でもラゴスとかシリーズを通して気になる人物たちが出てくる。
    キリアンは終盤になるにつれ頼もしくなっていった。

  • 0

    mkszk2015年8月9日

    名前の繋がりが意味深……。第3部の姉妹と第4部の姉妹は同名だけど別人なのだよなあ。シナン・シーとセナーセーは関係があるような、ないような。《恋人たち》の個体は第1部と第4部とでどれだけ連続しているのか。身体は取り...

    全文表示

次の5件を見る

ネタバレなしのレビュー

次の5件を見る

  • ※作品により、電子書籍と紙の書籍とでは内容が違う場合がございます。
  • ※Yahoo!プレミアム会員のお客様は、「価格」欄にYahoo!プレミアムのアイコンがついた作品を会員価格でご購入いただけます。
Yahoo!プレミアム会員登録はこちら
天冥の標 IV 機械じかけの子息たち
提供
開始日
2013年
8月20日
ファイル
容量
約1MB
初版 -
掲載雑誌
/レーベル
ハヤカワ文庫JA
出版社 早川書房
カテゴリー 文芸
ジャンル 日本SF、ファンタジー
  • 秋の夜長のヤマケイ読本セール(書籍)
  • 秋のグラビアセール(書籍)
  • デジイチ2017 第1弾(書籍)

▲ページトップへ

タイプを選び、表示されたソースを貼りつけてください。

閉じる