ブックストアトップ 

書籍 

文芸 

若頭補佐 白岩光義 北へ

お客様のご利用環境では、書籍を閲覧するための専用ビューアーをご利用になれません。

必要な動作環境はこちら

若頭補佐 白岩光義 北へ

著作:浜田文人

価格: 570円+税45円

4.003

Yahoo!プレミアム会員になると通常ポイント2倍+期間固定Tポイント3倍※!


※Yahoo!プレミアム会員になるとこちらの特典が受けられます。
※進呈するポイントは、期間固定Tポイントです。Yahoo! JAPAN、LOHACO、GYAO! 以外では利用できません。
※期間固定Tポイントの進呈⽇・有効期限・獲得上限等が通常Tポイントと異なります。

花房組組長、本家一成会の若頭補佐・白岩は、先代組長の盟友で現在は堅気の成田に頼まれ、震災後の仙台で彼の義姉とかつての乾分に会う。すると二人の周辺に高齢者を狙う訪問販売業者や地元暴力団が現れた。きな臭さから調べ始めた白岩は、復興を食い物にする政治家や企業の存在を知る。頑なに筋目を通す男が躍動する傑作エンターテインメント!

対応デバイス:
  • パソコン
  • スマートフォン
  • タブレット
  • アプリ未対応

本作品はお客様がご利用されている 環境には対応しておりません。

この商品は電子書籍です。紙の書籍ではありません。

レビュー・感想

総合 4.00(3件) ブクログ

すべてのレビュー

  • 4

    ゆきのすけ2014年9月19日

    捌き屋 鶴谷シリーズのスピンオフ作品。

    極道が主人公ではあるが、抗争はなく人情もので構成されているので、物足りなく感じないのは不思議だった。
    作者は、人情味を書かせると秀逸。男とは、かくあるべきだと筆で語っている。「縁」...

    全文表示
  • 0

    すっぱ2012年3月1日

    私ね、はじけすぎると脳内で登場人物がネコになるんですよ。

    東京組が出てくると、途端にほのぼのしちゃうのがかわいくてかわいくて…。しっぽ立てて走ってくる感じでかわいくてかわいくて…!
    買って読ん...

    全文表示
  • 4

    Angel2012年2月20日

    前作「東へ、西へ」が出てから久しいなぁ、と思ったら実は未だ2年しか経っていないとはDBを見て気がついた。今作は文庫書き下ろし、と言えば聞こえは良いが単行本で出せないということだから折角の良い作品を書く作家も辛いし出版不況も大変そうだな。

    全文表示

次の5件を見る

ネタバレなしのレビュー

次の5件を見る

  • ※作品により、電子書籍と紙の書籍とでは内容が違う場合がございます。
  • ※Yahoo!プレミアム会員のお客様は、「価格」欄にYahoo!プレミアムのアイコンがついた作品を会員価格でご購入いただけます。
Yahoo!プレミアム会員登録はこちら
若頭補佐 白岩光義 北へ|浜田文人|日本文学|電子書籍 - Yahoo!ブックストア
提供
開始日
2013年
8月20日
ファイル
容量
約1MB
初版 -
掲載雑誌
/レーベル
幻冬舎文庫
出版社 幻冬舎
カテゴリー 文芸
ジャンル 日本文学
  • 『家に帰ると妻が必ず死んだふりをしています。』映画公開記念フェア(書籍)
  • ノベルゼロ ロック(6)に奮えろ!6月(書籍)
  • イケッちゃう!ラノベフェア(書籍)

▲ページトップへ

タイプを選び、表示されたソースを貼りつけてください。

閉じる

お得にイッキ読み!電子コミックセット商品が最大50%OFF!! 閉じる