ブックストアトップ 

書籍 

ライトノベル 

双子と幼なじみの四人殺し3

お客様のご利用環境では、書籍を閲覧するための専用ビューアーをご利用になれません。

必要な動作環境はこちら

双子と幼なじみの四人殺し3

著作:森田陽一

イラストレーター:

価格: 600円+税48円

2.804

Yahoo!プレミアム会員になると通常ポイント2倍+期間固定Tポイント3倍※!


※Yahoo!プレミアム会員になるとこちらの特典が受けられます。
※進呈するポイントは、期間固定Tポイントです。Yahoo! JAPAN、LOHACO、GYAO! 以外では利用できません。
※期間固定Tポイントの有効期間はポイント進呈日の翌々月末日までとなります。

夏休み、海に来た双子と迷悟は、そこで殺人事件に遭遇する。犯人の疑いがかかる中、奔走する迷悟。学園ノワール第3弾!

その村では十二年おきに人が死んでいた。そして今年が十二年目――。夏休み、双子の一縷と朽縷と一緒に、迷悟は旅行で海に来ていた。しかし、そこで迷悟は、双子には秘密で、久保園秤と名乗っていた少女、菱川一途とともに、両親が過去に関わった事件を調べる約束をしていた。そんな中、三人のいる旅館で、首と腕が切り取られた死体が発見される。「め、迷悟……?」 死体の前には血にまみれた迷悟の姿が。犯人の疑いがかかる中、真犯人を見つけるため、奔走する迷悟。そして過去の事件との関係とは!? 「この話は“最悪”の話なの」 森田陽一×saitomが贈る、学園ノワール第3弾! ※電子版は文庫版と一部異なる場合がありますので、あらかじめご了承ください

対応デバイス:
  • パソコン
  • スマートフォン
  • タブレット
  • アプリ未対応

本作品はお客様がご利用されている 環境には対応しておりません。

この商品は電子書籍です。紙の書籍ではありません。

※購入済み商品はカートに追加されません。

レビュー・感想

総合 2.80(4件) ブクログ

すべてのレビュー

  • 3

    yep6212016年5月23日

    全巻までのサイコな雰囲気がなくなっていたって普通の殺人事件になっていた。双子と主人公の事件がいよいよ暴かれそうだが、どんな仕掛けを持ってくるのだろうか。

  • 1

    エーカー2015年5月22日

    シリーズ第3弾。
    双子の関係に変化を生じさせるための事件だったが、微妙な殺人事件で必要だったか感が半端ない。

    冤罪なのに一番の結末と言っちゃう主人公には、全く共感出来なかった。

  • 4 ネタバレ

    Ende2012年11月29日

     親殺しの真相と、なぜ入れ替えられていたのかがようやく判明。

     というか、ここの家族みんな頭おかしいいいい。考え方がやばいだろ。サイコパスじゃん。そして、迷悟よりも双子がやばい。とくに一縷はちょっとおかしいんじゃないかw終盤は...

    全文表示

次の5件を見る

ネタバレなしのレビュー

次の5件を見る

  • (C) Youichi Morita / SB Creative Corp.
  • ※作品により、電子書籍と紙の書籍とでは内容が違う場合がございます。
  • ※Yahoo!プレミアム会員のお客様は、「価格」欄にYahoo!プレミアムのアイコンがついた作品を会員価格でご購入いただけます。
Yahoo!プレミアム会員登録はこちら
双子と幼なじみの四人殺し3
提供
開始日
2013年
8月20日
ファイル
容量
約3MB
初版 -
掲載雑誌
/レーベル
GA文庫
出版社 SBクリエイティブ
カテゴリー ライトノベル
ジャンル 日本SF、ファンタジー
  • デジイチ2017 第6弾(書籍)
  • デジイチ2017 第7弾(書籍)
  • デジタルピーチ 人気グラビア大特価88円SALE(書籍)

▲ページトップへ

タイプを選び、表示されたソースを貼りつけてください。

閉じる