女子コミ!

ブックストアトップ 

書籍 

文芸 

続・森崎書店の日々

お客様のご利用環境では、書籍を閲覧するための専用ビューアーをご利用になれません。

必要な動作環境はこちら

続・森崎書店の日々

著作:八木沢里志

価格: 450円+税36円

4.0072

Tポイント進呈! プレミアム会員なら2倍!!

Tポイントでもご購入できます! 登録はこちら

お買い物の前に3,000ポイントゲット!

映画化された小説「森崎書店の日々」の続編

貴子の叔父であるサトルが経営する森崎書店は、妻の桃子が店を手伝うようになり、穏やかでのんびりとした時間が流れていた。貴子は仕事が休みの日には店へ立ち寄り、手伝いをしながら、旧知の神保町の面々との交流を楽しんでいた。とくに和田とは、ずっと「恋人関係」が続いており、それに微妙に嫉妬するサトルに、貴子は手を焼いたりしていた。サトルと桃子の結婚記念日、貴子は温泉旅行をプレゼントする。店を気にするサトルだったが、貴子が店番を請け負い、その間だけ森崎書店の二階に泊まることになる。ひさしぶりの森崎書店での生活に浮かれる貴子。店に遊びに来た和田は、古書店を舞台にした小説をずっと書きたいと思っていたと貴子に話す。貴子もそれは素晴らしいアイディアだと喜ぶ。少しずつ小説を書き続ける和田だったが、貴子はそんな和田との間にはっきりとした進展が見られないため、ひそかに不安を感じていた。そんな折、貴子は偶然にも和田が喫茶店で女性と会っているのを目撃してしまう。

対応デバイス:
  • パソコン
  • スマートフォン
  • タブレット
  • アプリ未対応

本作品はお客様がご利用されている 環境には対応しておりません。

この商品は電子書籍です。紙の書籍ではありません。

レビュー・感想

総合 4.00(72件) ブクログ

すべてのレビュー

  • 3

    haz32017年4月1日

    変わらないシンプルな文章だが、前作よりずいぶん各人の描写が素敵だった印象です。でも、ずるいなー、泣かざるを得ないじゃないか。

  • 3

    coucou5292017年3月16日

    数年前に映画を観て以来、気になっていた本。
    描写が独特だったり、文体に魅力がある訳でもないんだけど、そこはかとなく優しい物語。街全体が見守っている感がある。
    今年、神保町に行ってみようと思っていて、
    なんとなく、この本のよ...

    全文表示
  • 5 ネタバレ

    海(カイ)2016年6月20日

    前作が良かったので読んでみた。こちらは後半が悲しい。桃子さん…。読み終えて、23で亡くなった友達を思い出した。私が思い出す彼女は、中学生で、同じクラスになった時の笑顔の彼女(*^^*)

次の5件を見る

ネタバレなしのレビュー

次の5件を見る

  • ※作品により、電子書籍と紙の書籍とでは内容が違う場合がございます。
  • ※Yahoo!プレミアム会員のお客様は、「価格」欄にYahoo!プレミアムのアイコンがついた作品を会員価格でご購入いただけます。
Yahoo!プレミアム会員登録はこちら
続・森崎書店の日々
提供
開始日
2013年
4月2日
ファイル
容量
約1MB
初版 -
掲載雑誌
/レーベル
小学館文庫
出版社 小学館
カテゴリー 文芸
ジャンル エンターテイメント
  • ちょっと今から仕事やめてくるフェア(書籍)
  • 異世界・転生フェア(書籍)
  • 夏目前!ダイエット特集(書籍)

▲ページトップへ

タイプを選び、表示されたソースを貼りつけてください。

閉じる