ブックストアトップ 

コミック 

青年コミック 

勇午 東京・種子島編 1巻

お客様のご利用環境では、書籍を閲覧するための専用ビューアーをご利用になれません。

必要な動作環境はこちら

勇午 東京・種子島編 1巻 YUGO the Negotiator

著作:赤名修

原作:

価格: 500円+税40円

3.502

Yahoo!プレミアム会員になると通常ポイント2倍+期間固定Tポイント3倍※!


※Yahoo!プレミアム会員になるとこちらの特典が受けられます。
※進呈するポイントは、期間固定Tポイントです。Yahoo! JAPAN、LOHACO、GYAO! 以外では利用できません。
※期間固定Tポイントの有効期間はポイント進呈日の翌々月末日までとなります。

H-2A国産ロケットの開発の裏で誘拐事件と破壊工作の交渉に挑む勇午!! 勇午の交渉が、日本の宇宙開発の鍵を握る!

米国の陰謀! 日本政府の思惑! 莫大な利権の行方! 勇午(ゆうご)の交渉が、日本の宇宙開発の鍵を握る!! ――被害届の出されていない、奇妙な誘拐事件が発生。被害者は、ロケット研究者の妻――。「交渉人は勇午しか認めない」。世界一の交渉人を、指名してきた誘拐犯の意図は!? そして勇午のもとに届けられた200万ポンドの小切手の意味は!? 勇午の導き出す答えは、ひとつの誘拐事件の枠をこえ、日米間の緊張、そして宇宙開発の未来さえ巻き込む!!

対応デバイス:
  • パソコン
  • スマートフォン
  • タブレット

レビュー・感想

総合 3.50(2件) ブクログ

すべてのレビュー

  • 4

    つぶて2008年10月5日

    いつもの「え〜そりゃないだろう」と思いつつも外国だとそんな話もあろうかと落ち着くところが、日本を舞台にした勇午はなんとなく落ち着かない。自分の国でそんなんないだろうという思い込みがどこかにあるせいでしょうか。

  • 3

    プロト2006年5月3日

    今回の舞台は東京・種子島。宇宙開発を巡る誘拐事件と破壊工作の陰謀に、ネゴシエーター・別府勇午が挑む。日本編は勇午もあまり過酷な目には遭わず、スムーズに事件を解決していくようだ。ちょっと物足りない気がする。

次の5件を見る

ネタバレなしのレビュー

次の5件を見る

  • (c)Shinji Makari/Shu Akana/講談社
  • ※作品により、電子書籍と紙の書籍とでは内容が違う場合がございます。
  • ※Yahoo!プレミアム会員のお客様は、「価格」欄にYahoo!プレミアムのアイコンがついた作品を会員価格でご購入いただけます。
Yahoo!プレミアム会員登録はこちら
勇午 東京・種子島編 1巻 YUGO the Negotiator
提供
開始日
2012年
12月14日
総ページ数 208ページ
立ち読み
ページ数
15ページ
ファイル
容量
約67MB
初版 2006年
掲載雑誌
/レーベル
イブニング
出版社 講談社
カテゴリー 青年コミック
ジャンル ミステリー、サスペンス
  • 【無料】スーツな男マンガキャンペーン
  • 【無料】90年代激アツコミック ダッシュ勝平、学園天国ワイド版 ほか多数!
  • 【無料】みんコミ 『ひとはくん、ひとりぼっち?』紙版コミックス発売&フルカラーイラスト集全員プレゼントキャンペーン

▲ページトップへ

タイプを選び、表示されたソースを貼りつけてください。

閉じる

人気マンガがあたるくじ & ポイントキャンペーン 実施中 閉じる