お客様のご利用環境では、書籍を閲覧するための専用ビューアーをご利用になれません。

必要な動作環境はこちら

激昂がんぼ 1巻

著作:東風孝広

原作:

価格: 500円+税40円

会員価格 451円+税36円

4.004

Yahoo!プレミアム会員になるとポイント5倍!

裏世界に生きる『極悪がんぼ』の事件屋・神崎と、総務省のキャリア官僚・二宮が手を組んで、敵を欺く! 新たな「がんぼ」誕生!

総務省のキャリア官僚・二宮(にのみや)は、二流大卒というコンプレックスを抱えながらも、出世への情熱を胸に秘め、地元の広島県庁に出向していた。一方、同じ広島県の芸南(げいなん)市――「神崎(かんざき)シークレットサービス」の看板を掲げ、裏では事件屋として頭角をあらわしている若きフィクサー・神崎がいた――。裏世界を描いた前作『極悪がんぼ』の主人公・神崎と、表舞台に生きる二宮が交わるとき、新たな「がんぼ」が誕生する!

対応デバイス:
  • パソコン
  • スマートフォン
  • タブレット

本作品はお客様がご利用されている 環境には対応しておりません。

この商品は電子書籍です。紙の書籍ではありません。

※購入済み商品はカートに追加されません。

レビュー・感想

総合 4.00(4件) ブクログ

すべてのレビュー

  • 5

    ha12011年4月3日

    キャリア官僚のサクセス?ストーリー!!
    今時こんなこともないだろ〜〜と思うところもある。

    経産官僚・財務官僚の小説やマンガが多い中で、
    総務官僚が主人公の異色な作品と言える。

  • 0

    れもん2011年2月18日

    キャリア官僚・二宮。若きフィクサー・神崎。光と闇、水と油、表と裏・・・。相反する二人の存在が交わったとき、新たな「がんぼ」が誕生する。
    (本書カバーより引用)

    「がんぼ」というのは広島の方言で、「いたずら好き」や「頑固者...

    全文表示
  • 4

    gmind2010年9月18日

    『極悪がんぼ』の続編。主人公は役所の仕事にコミットすることを仕事とする事件屋。地方で実施される国交省のビッグプロジェクトをめぐる国、県、市の役人に推進する役人に議員に業者がからんでいく。ディテイルがリアルでワタシには面白いのだが、あまりに細...

    全文表示

次の5件を見る

ネタバレなしのレビュー

次の5件を見る

  • (c)田島隆/東風孝広
  • ※作品により、電子書籍と紙の書籍とでは内容が違う場合がございます。
  • ※Yahoo!プレミアム会員のお客様は、「価格」欄にYahoo!プレミアムのアイコンがついた作品を会員価格でご購入いただけます。
Yahoo!プレミアム会員登録はこちら
激昂がんぼ 1巻
提供
開始日
2012年
5月11日
総ページ数 199ページ
立ち読み
ページ数
51ページ
ファイル
容量
約66MB
初版 2010年
掲載雑誌
/レーベル
イブニング
出版社 講談社
カテゴリー 青年コミック
ジャンル 職業、業界
  • ミドリ恋しくなる前に~秋本番前~「HIMEクリグリーン」全作品90%OFF!!
  • 【無料】ダークヒーロー&コスプレ ハロウィン特集
  • TVドラマ10月放送開始!押見修造「ぼくは麻理のなか」フェア

▲ページトップへ

タイプを選び、表示されたソースを貼りつけてください。

閉じる