女子コミ!

お客様のご利用環境では、書籍を閲覧するための専用ビューアーをご利用になれません。

必要な動作環境はこちら

ぼくの村の話 1巻

著作:尾瀬あきら

価格: 500円+税40円

4.502

Tポイント進呈! プレミアム会員なら2倍!!

Tポイントでもご購入できます! 登録はこちら

お買い物の前に3,000ポイントゲット!

「ぼくの村」、それはどこにでもあった日本の村のひとつだった――。1966年6月、少年たちは暗闇のなかで、青白く輝く馬が飛ぶように駆ける姿を見た。その日は、彼らの村がつぶされる決定が下された日でもあったのだった……。新しい空港を建設するため、20年かけて開墾してきた自らの土地を、突然奪われることになった農民たち。彼らの長きにわたる戦いが、今、幕を開けた!! 「成田闘争」を題材としたフィクション第1弾!!

対応デバイス:
  • パソコン
  • スマートフォン
  • タブレット

本作品はお客様がご利用されている 環境には対応しておりません。

この商品は電子書籍です。紙の書籍ではありません。

レビュー・感想

総合 4.50(2件) ブクログ

すべてのレビュー

  • 5

    iamgolgo13or0072010年4月2日

     「ぼくの村」とはいわゆる三里塚(千葉県成田市三里塚および同山武郡芝山町)のことである。もしかして若い世代には「三里塚ってなんじゃらほい」という人もいるかもしれないので、ちょっと説明を加えよう。話は一九六六年(あれからもう三〇年以上にもなる...

    全文表示
  • 4

    koshi100562009年11月29日

    なぜにこの漫画の登録者がゼロ???
    『夏子の酒』の尾瀬あきらの代表作で、全7巻。
    成田空港闘争の話(事実に基づいたフィクション)。

次の5件を見る

ネタバレなしのレビュー

次の5件を見る

  • (c)尾瀬あきら
  • ※作品により、電子書籍と紙の書籍とでは内容が違う場合がございます。
  • ※Yahoo!プレミアム会員のお客様は、「価格」欄にYahoo!プレミアムのアイコンがついた作品を会員価格でご購入いただけます。
Yahoo!プレミアム会員登録はこちら
ぼくの村の話 1巻
提供
開始日
2011年
11月1日
総ページ数 224ページ
立ち読み
ページ数
51ページ
ファイル
容量
約63MB
初版 1992年
掲載雑誌
/レーベル
モーニング
出版社 講談社
カテゴリー 青年コミック
ジャンル 歴史、時代劇
  • 【無料】COMIC維新 人気3作品1巻無料
  • 【無料】「お酒は夫婦になってから」アニメ化&新刊配信記念! グルメ×女子がテーマの作品が今だけ無料!
  • 【無料】ねっとり触らないで!

▲ページトップへ

タイプを選び、表示されたソースを貼りつけてください。

閉じる