お客様のご利用環境では、書籍を閲覧するための専用ビューアーをご利用になれません。

必要な動作環境はこちら

アドレナライズで検索した結果

1~50件目 / 約1,155

  • 並び方:
  • 件数:
  • 対応デバイス
    パソコン
    スマートフォン
    タブレット
  • 生き髪    町井登志夫
  • 生き髪
  • 著作:町井登志夫
  • 価格 700円+税56円
  • 提供開始日:2018年02月16日
  • カテゴリー:
    文芸
  • 気は強いがその美しさゆえに街中の視線を集める女・リエ。彼女を巡って、巨躯の筋肉男・中島、天才的な格闘センスを持つ優男・浦浜は、台風が吹き荒れる海岸で拳をまじえる。だがその頃、三人が通う「瀬島大学」では異変が起きていた。頭に茶髪を突っ立てた講師や学生が現れ、ふらふらと歩き回っている。変なカツラでも被っているのか、とバカにする周囲の者たち。だが、彼らは後悔することになる。その茶髪は、次々と人間たちを襲い始めたのだ…!
     人間の頭に寄生して体を意のままに操る、髪の毛型生物、その正体とは。長篇SFサバイバル・ホラー小説。電子オリジナル作品。

    ●町井登志夫(まちい・としお)
    作家。1964年生。日本SF作家クラブ会員。1997年、『電脳のイヴ』で第3回ホワイトハート大賞〈最優秀賞〉を受賞し、デビュー。2001年に『今池電波聖ゴミマリア』で第2回小松左京賞を受賞。他の作品に『爆撃聖徳太子』『諸葛孔明対卑弥呼』『倭国本土決戦』などがある。最新作は『改革者蘇我入鹿』。
  • 対応デバイス
    パソコン
    スマートフォン
    タブレット
  • 薬湯 身近な野草で健康風呂(ヘルシーバス)    大海淳
  • 薬湯 身近な野草で健康風呂(ヘルシーバス)
  • 著作:大海淳
  • 価格 1,000円+税80円
  • 提供開始日:2018年02月16日
  • カテゴリー:
    生活、実用
  • 薬湯(くすりゆ)とは、薬用植物や温泉成分などを入れたお風呂のこと。端午の節句の菖蒲湯、土用の丑の日の桃の葉湯、冬至の柚子湯、バラの花びら湯、酒風呂、ミルク風呂、湯の花、薬用入浴剤などもその一種。
     本書では、マツ、ビワ、ヨモギ、ショウガ、ダイコン、アロエ、ローズマリーなど、自然の素材で簡単にできる体にやさしい「手作り薬湯レシピ」を約200種紹介。好みの浴剤をプラスするだけでいつものお風呂が薬湯に。季節や素材によって異なる香りや湯触りが楽しめるほか、保温・保湿、血行促進、皮膚の再生、精神安定、安眠、美肌など、美容&健康効果も。スマホに入れて持ち歩けば、ハンディな植物図鑑として野草採取やハイキングの際に必ず役立ちます。

    プロローグ 薬湯・健康湯の楽しみ方
    第1章 健康湯を楽しめる針葉樹 28種
    第2章 健康湯を楽しめる広葉樹 64種
    第3章 健康湯を楽しめる野草類 51種
    第4章 健康湯を楽しめる園芸植物と野菜 17種
    第5章 使ってはいけない毒草・毒木
    第6章 健康湯を楽しめる西洋ハーブ 22種
    第7章 健康湯を楽しめる身近な浴剤 25種
    第8章 薬草採りのルールと薬湯の基本
    第9章 薬湯の基礎知識と入浴の効用

    ●大海淳(おおうみ・じゅん)
    1943年生まれ。早稲田大学卒。野遊び作家、エッセイスト、フィールドアドバイザーとして活躍中。登山、釣り、山菜、薬草、きのこ採りをはじめ、広範にアウトドアを跋渉する自然派人間。『冒険術入門』『釣具曼陀羅』『山女魚百態』『山菜採りの教科書』『山野草を食べる』『薬草健康料理』『蔵元の酒肴料理』『食べられるきのこ百科』『渓流クッキング』『燻製クッキング』『すぐ作れる果実酒・薬酒百科』『手作りジャム』『手作り簡単健康茶』など、野遊びや健康ライフをテーマとした著書・編著書多数。神奈川県鎌倉市在住。
  • 対応デバイス
    パソコン
    スマートフォン
    タブレット
  • 高麗秘帖 朝鮮出兵異聞 李舜臣将軍を暗殺せよ    荒山徹
  • 高麗秘帖 朝鮮出兵異聞 李舜臣将軍を暗殺せよ
  • 著作:荒山徹
  • 価格 700円+税56円
  • 提供開始日:2018年02月16日
  • カテゴリー:
    文芸
  • 文禄元年(一五九二)、太閤秀吉は二十万の大軍を朝鮮出兵させ、首都・漢城(ソウル)、平壌(ピョンヤン)を占領した。だが、朝鮮水軍を率いるたった一人の将軍によって撤退を余儀なくされた。その名は李舜臣(イ・スンシン)。五年後、雪辱に燃えて再出兵した藤堂高虎は、舜臣を暗殺すべく忍びの者を派遣。一方、無益な戦を憎む小西行長は、舜臣を救うべく使者を送った! 綿密な取材、類稀な着想、圧倒的筆力で放つ鮮烈の歴史ロマン巨編。

    ●荒山徹(あらやま・とおる)
    1961年富山県生まれ。上智大学卒。新聞社、出版社勤務を経て、朝鮮半島の歴史・文化を学ぶため韓国留学。延世大学校延世語学院韓国語学堂卒業。1999年『高麗秘帖』で小説家デビュー。『魔岩伝説』『十兵衛両断』『柳生薔薇剣』で三度、吉川英治文学賞新人賞候補となり、2008年『柳生大戦争』で第2回舟橋聖一文学賞を、2017年『白村江』で第6回歴史時代作家クラブ賞作品賞を受賞。日韓交流史を主題とする時代伝奇小説を発表して注目を集めた。他の作品に『竹島御免状』『長州シックス 夢をかなえた白熊』『シャクチ』『キャプテン・コリア』など多数。
  • 対応デバイス
    パソコン
    スマートフォン
    タブレット
  • サラン・故郷忘じたく候    荒山徹
  • サラン・故郷忘じたく候
  • 著作:荒山徹
  • 価格 700円+税56円
  • 提供開始日:2018年02月16日
  • カテゴリー:
    文芸
  • まさにその時を狙いすましたように、秀吉の侵寇――忌まわしい壬辰倭乱(イムヂンウエラン)は始まったのだった。その夜、申家の屋敷は、漢城の他のあらゆる家がそうであったように、重苦しい緊張感に包まれた。愛蓮もその空気を共有する一人だった。そして一夜明けると、家人たちは今更のように愛蓮が“倭奴”であったことを思い出したのである。(「耳塚賦」より)
     日本と朝鮮半島との関わりをかつてない斬新な切り口で描いた6つの短篇を収録。また、その6篇を著者自ら解説した「電子版あとがき」を追加収録。

    ●荒山徹(あらやま・とおる)
    1961年富山県生まれ。上智大学卒。新聞社、出版社勤務を経て、朝鮮半島の歴史・文化を学ぶため韓国留学。延世大学校延世語学院韓国語学堂卒業。1999年『高麗秘帖』で小説家デビュー。『魔岩伝説』『十兵衛両断』『柳生薔薇剣』で三度、吉川英治文学賞新人賞候補となり、2008年『柳生大戦争』で第2回舟橋聖一文学賞を、2017年『白村江』で第6回歴史時代作家クラブ賞作品賞を受賞。日韓交流史を主題とする時代伝奇小説を発表して注目を集めた。他の作品に『竹島御免状』『長州シックス 夢をかなえた白熊』『シャクチ』『キャプテン・コリア』など多数。
  • 対応デバイス
    パソコン
    スマートフォン
    タブレット
  • すぐ作れる果実酒・薬酒百科    大海淳
  • すぐ作れる果実酒・薬酒百科
  • 著作:大海淳
  • 価格 700円+税56円
  • 提供開始日:2018年02月16日
  • カテゴリー:
    生活、実用
  • 眼と舌で楽しみ健康を得る「果実酒」「薬酒」はいかがですか? 市販の素材はもちろん、身近な自然の中にあるいろいろな素材で作る200種の果実酒・薬酒の作り方を徹底紹介します!

    序章 果実酒・薬酒作りの基礎知識とコツ

    第1章 身近な実や草木で楽しむ果実酒・薬酒 全66種
    (イチジク酒、イヌマキ酒、ウイキョウ酒、オオバコ酒、カリン酒、キンモクセイ酒、クコ酒、マツ酒、ローズマリー酒ほか)

    第2章 海辺の草木で楽しむ果実酒・薬酒 全18種
    (アシタバ酒、イヌビワ酒、カジイチゴ酒、ツワブキ酒、ハイネズ酒、ハマカンゾウ酒、ハマゼリ酒、ボタンボウフウ酒ほか)

    第3章 里地の草木で楽しむ果実酒・薬酒 全30種
    (アケビ酒、アサツキ酒、ウド酒、クサイチゴ酒、クルミ酒、スイカズラ酒、ニワトコ酒、ハッカ酒、フジ酒、ヤマグワ酒ほか)

    第4章 山地の草木で楽しむ果実酒・薬酒 全60種
    (イカリソウ酒、ウワミズザクラ酒、オオズミ酒、クマザサ酒、クロマメノキ酒、ハシバミ酒、マタタビ酒、ワサビ酒ほか)

    第5章 市販の素材で楽しむ果実酒・薬酒 全26種
    (イチゴ酒、ウメ酒、オクラ酒、コーヒー酒、キウイ酒、シソ酒、トウガラシ酒、ショウガ酒、ニンニク酒、バナナ酒ほか)

    ●大海淳(おおうみ・じゅん)
    1943年生まれ。早稲田大学卒。野遊び作家、エッセイスト、フィールドアドバイザーとして活躍中。登山、釣り、山菜、薬草、きのこ採りをはじめ、広範にアウトドアを跋渉する自然派人間。『冒険術入門』『釣具曼陀羅』『山女魚百態』『いますぐ使える山菜採りの教科書』『山野草を食べる』『薬草健康料理』『いますぐ使える山菜採りナビ図鑑』『蔵元の酒肴料理』『食べられるきのこ百科』『渓流クッキング』『燻製クッキング』『手作り簡単健康茶』『薬湯 身近な野草で健康風呂(ヘルシーバス)』『手作りジャム』など、野遊びや健康ライフをテーマとした著書・編著書多数。神奈川県鎌倉市在住。
  • 対応デバイス
    パソコン
    スマートフォン
    タブレット
  • 誰も国境を知らない    西牟田靖
  • 誰も国境を知らない
  • 著作:西牟田靖
  • 価格 700円+税56円
  • 提供開始日:2018年02月16日
  • カテゴリー:
    エンターテイメント
  • 今も戦後が終わらない北方領土、見ることのできない島・沖ノ鳥島、民族的聖地となった竹島、上陸を禁じられ政治的秘境となった尖閣諸島。そこには、国境で暮らす人、かつて暮らしていた人、国境を守ろうと運動する人、取り返そうと運動する人がいた。僕たちは、この国のリアル(真の姿)をどこまで知っているのだろうか? 国境問題の現状と、戦争や政治によって膨張し収縮する国境問題に振り回されている人々を描くノンフィクション。
     文庫刊行時に追加された尖閣諸島へのルポ(2012年)および、文庫化の際に削除された「硫黄島」と「小笠原諸島」の章を復活して収録。さらに資料写真もカラーにして再収録した完全版。

    プロローグ……膨張と収縮のヒストリー
    一 北方領土I……渡航を禁じられた島
    二 沖ノ鳥島……国家が守る見えない島
    三 竹島I……民族的聖地への上陸記
    四 対馬……隣国と向き合う交流の島
    五 硫黄島……国家に裏切られた島
    六 小笠原諸島……日米の間で揺れ続けた島
    七 与那国島……国境の手前でもがく島
    八 竹島II……奪われた島をめぐる記憶
    九 北方領土II……歴史が止まったままの島
    十 尖閣諸島……政治的な秘境となった島
    エピローグ……日本の中心から遠く離れて

    ●西牟田靖(にしむた・やすし)
    1970年、大阪府生まれ。神戸学院大学法学部卒業。就職し8ヵ月間IT企業で働いたあと、地球一周の船旅を体験。以降、ライターとしての道を歩む。近年は骨太なノンフィクション作品に取り組んでいる。著書に『本で床は抜けるのか』(本の雑誌社)、『わが子に会えない 離婚後に漂流する父親たち』(PHP研究所)『ニッポンの穴紀行 近代史を彩る光と影』(光文社)、『ニッポンの国境』(光文社)など。
  • 対応デバイス
    パソコン
    スマートフォン
    タブレット
  • 猫の浮世絵 「江戸の猫ぐらし」の巻    坂本葵
  • 猫の浮世絵 「江戸の猫ぐらし」の巻
  • 著作:坂本葵
  • 価格 450円+税36円
  • 提供開始日:2018年02月16日
  • カテゴリー:
    専門書
  • 江戸の猫たちはどんな風に人間と寄り添いながら暮らしてきたのでしょうか? 浮世絵を通じて、江戸の猫の日常生活に迫ります。
     どの浮世絵にも猫、猫、猫だらけ!? 猫好き人間のための浮世絵解説書、その決定版がついに登場です。電子オリジナル作品。

    第一章 猫しぐさ
    第二章 猫と美人
    第三章 猫と暮らす
    第四章 国芳の猫ざんまい

    ●坂本葵(さかもと・あおい)
    1983年、愛知県生まれ。東京大学文学部卒業。作家。著書にノンフィクション『食魔 谷崎潤一郎』(新潮新書)、小説『吉祥寺の百日恋』(新潮社)。
  • 対応デバイス
    パソコン
    スマートフォン
    タブレット
  • 猫の浮世絵 「江戸の猫七変化」の巻    坂本葵
  • 猫の浮世絵 「江戸の猫七変化」の巻
  • 著作:坂本葵
  • 価格 450円+税36円
  • 提供開始日:2018年02月16日
  • カテゴリー:
    専門書
  • 歌舞伎に怪談に化け猫、時には雅な平安朝まで。絵師たちの想像力の中で目まぐるしく七変化する、奇想天外な猫の世界へようこそ。
     どの浮世絵にも猫、猫、猫だらけ!? 猫好き人間のための浮世絵解説書、その決定版がついに登場です。電子オリジナル作品。

    第一章 猫と鼠 仁義なき戦い
    第二章 源氏ねこ物語
    第三章 驚きの七変化
    第四章 開幕! 猫かぶき
    第五章 化け猫大暴れ
    第六章 百猫画譜

    ●坂本葵(さかもと・あおい)
    1983年、愛知県生まれ。東京大学文学部卒業。作家。著書にノンフィクション『食魔 谷崎潤一郎』(新潮新書)、小説『吉祥寺の百日恋』(新潮社)。
  • 対応デバイス
    パソコン
    スマートフォン
    タブレット
  • 猫の浮世絵 「お江戸ねこ草紙」の巻    坂本葵
  • 猫の浮世絵 「お江戸ねこ草紙」の巻
  • 著作:坂本葵
  • 価格 450円+税36円
  • 提供開始日:2018年02月16日
  • カテゴリー:
    専門書
  • 物語の中でも猫は大活躍。江戸~明治時代に出版された草紙(絵本や挿絵入り小説本)に見られる猫を取り上げます。
     どの浮世絵にも猫、猫、猫だらけ!? 猫好き人間のための浮世絵解説書、その決定版がついに登場です。電子オリジナル作品。

    第一章 鎌倉猫おこまの物語(山東京山作、歌川国芳画『朧月猫草紙』)
    第二章 猫の仮面をかぶって(仮名垣魯文作、歌川芳虎画『黄金花猫目鬘』)
    第三章 行ってみたいな猫の国

    ●坂本葵(さかもと・あおい)
    1983年、愛知県生まれ。東京大学文学部卒業。作家。著書にノンフィクション『食魔 谷崎潤一郎』(新潮新書)、小説『吉祥寺の百日恋』(新潮社)。
  • 対応デバイス
    パソコン
    スマートフォン
    タブレット
  • 猫の浮世絵 「明治の猫じまん」の巻    坂本葵
  • 猫の浮世絵 「明治の猫じまん」の巻
  • 著作:坂本葵
  • 価格 450円+税36円
  • 提供開始日:2018年02月16日
  • カテゴリー:
    専門書
  • 時は明治時代。古き江戸の面影を残すものから、文明開化のハイカラ生活の中まで、ここにもあそこにも猫がいる!
     どの浮世絵にも猫、猫、猫だらけ!? 猫好き人間のための浮世絵解説書、その決定版がついに登場です。電子オリジナル作品。

    第一章 猫の博覧会
    第二章 やっぱり美人ずき
    第三章 おもちゃ絵で遊ぼう
    第四章 百猫画譜

    ●坂本葵(さかもと・あおい)
    1983年、愛知県生まれ。東京大学文学部卒業。作家。著書にノンフィクション『食魔 谷崎潤一郎』(新潮新書)、小説『吉祥寺の百日恋』(新潮社)。
  • 対応デバイス
    パソコン
    スマートフォン
    タブレット
  • あの風に訊け(1) 河図篇    加門七海
  • あの風に訊け(1) 河図篇
  • 著作:加門七海
  • 価格 450円+税36円
  • 提供開始日:2018年02月02日
  • カテゴリー:
    文芸
  • 「香港まで行って、息子を捜してくれないかしら」実の母の悠長な提案は、風守太一にとって青天の霹靂だった。今まで存在すら知らなかった双子の弟・月緒を日本に連れ帰る役目を背負わされた太一は、親友の長岡健治と共に香港へ飛ぶ。しかしそこで龍の守番と天幇、対立するふたつの集団に狙われていると気づき、太一は自分の存在に疑問を持ち始める。『河図(カト)』そして『洛書(ラクショ)』とは? 迫力の世紀末幻想。

    ●加門七海(かもん・ななみ)
    東京都生まれ。オカルト・風水・民俗学などに造詣が深く、怪談、エッセイ、フィールドワーク作品などを著す。最新刊は『お咒い日和 その解説と実際』(KADOKAWA)。小説に『目嚢』『祝山』『鳥辺野にて』など、エッセイ『猫怪々』『霊能動物館』『墨東地霊散歩』など多数。
  • 対応デバイス
    パソコン
    スマートフォン
    タブレット
  • 伊豆恋人岬殺意の砂    大谷羊太郎
  • 伊豆恋人岬殺意の砂
  • 著作:大谷羊太郎
  • 価格 450円+税36円
  • 提供開始日:2018年02月02日
  • カテゴリー:
    文芸
  • 血塗られた過去を消し去り“三つの顔”を使い分ける女。末期ガンで寝たきりになりながらも復讐を考え実行しようとする老人。夫の莫大な財産を狙う奔放な妻とその愛人…。美しく描かれる西伊豆の自然とは対照的な、複雑に絡みあった人間関係。彼らの怨念が引き起こした殺人事件とは? 八木沢警部補の推理が冴える長篇ミステリ。

    ●大谷羊太郎(おおたに・ようたろう)
    1931年、東大阪市に生まれる。慶応大学文学部国文学科中退。大学在学中にプロミュージシャンとしてデビュー。芸能界で過ごした後、1970年に『殺意の演奏』で第16回江戸川乱歩賞を受賞。翌年より推理作家専業。トリック中心の推理小説を120冊以上発表。近年は時代小説でも多くの著書を発表している。
  • 対応デバイス
    パソコン
    スマートフォン
    タブレット
  • 奥州平泉殺人事件    大谷羊太郎
  • 奥州平泉殺人事件
  • 著作:大谷羊太郎
  • 価格 450円+税36円
  • 提供開始日:2018年02月02日
  • カテゴリー:
    文芸
  • 殺された若い女性の部屋は、窓やドアが完全にロックされておりごていねいにもチェーンまで掛けられていた。この密室殺人解明に乗り出したのが八木沢警部補だった。物盗りの仕業ではなさそうだ。しかし被害者の人間関係を洗っても殺されるような動機はまったく見つからない。死体の胸元から平泉の絵葉書が発見される。ダイイングメッセージ? やがて第二の殺人が湯沢で起こる。そして第三の殺人が東京の夜の路上で…。被害者はいずれも若い女性、そして平泉の絵葉書が登場するのだった…。八木沢警部補の推理が冴える長篇ミステリ。

    ●大谷羊太郎(おおたに・ようたろう)
    1931年、東大阪市に生まれる。慶応大学文学部国文学科中退。大学在学中にプロミュージシャンとしてデビュー。芸能界で過ごした後、1970年に『殺意の演奏』で第16回江戸川乱歩賞を受賞。翌年より推理作家専業。トリック中心の推理小説を120冊以上発表。近年は時代小説でも多くの著書を発表している。
  • 対応デバイス
    パソコン
    スマートフォン
    タブレット
  • 大いなる錯覚殺人事件    大谷羊太郎
  • 大いなる錯覚殺人事件
  • 著作:大谷羊太郎
  • 価格 450円+税36円
  • 提供開始日:2018年02月02日
  • カテゴリー:
    文芸
  • 初夏の東京・府中。ある廃ビルの一室で男が殺された。たまたま廃ビルに入り込んでいた若いアベックと犬を連れて散歩中の中年男性が目撃し、警察に通報した。男は「やぎさわしょういちろう、かすみがせき」のダイイングメッセージを残して死んだ。殺された部屋の窓は密封され、扉はロックされた完全密室であった。事件に巻き込まれた警視庁捜査一課の八木沢庄一郎は、密室の謎解きと真犯人のアリバイ崩しに挑むことになるが…。八木沢警部補の推理が冴える長篇ミステリ。

    ●大谷羊太郎(おおたに・ようたろう)
    1931年、東大阪市に生まれる。慶応大学文学部国文学科中退。大学在学中にプロミュージシャンとしてデビュー。芸能界で過ごした後、1970年に『殺意の演奏』で第16回江戸川乱歩賞を受賞。翌年より推理作家専業。トリック中心の推理小説を120冊以上発表。近年は時代小説でも多くの著書を発表している。
  • 対応デバイス
    パソコン
    スマートフォン
    タブレット
  • 環蛇銭    加門七海
  • 環蛇銭
  • 著作:加門七海
  • 価格 700円+税56円
  • 提供開始日:2018年02月02日
  • カテゴリー:
    文芸
  • ボロアパートの窓に寄りついて、老人は木枯らしに似た声を放った。「オサム、修。開けてくれ」バカな。裕一であるはずはない。親友だったあいつは、ひと月前に死んだはずだ。しかし、俺は老人の言に従い、裕一の研究日誌を探し当ててしまう。そして、古銭に触れてしまった。呪われた古銭に。次に魂を蝕まれるのは俺なのか…。八百比丘尼(やおびくに)伝説の迷路に迷い込む青年が得た、恐るべき真実とは…? 長篇ホラーサスペンス。

    ●加門七海(かもん・ななみ)
    東京都生まれ。オカルト・風水・民俗学などに造詣が深く、怪談、エッセイ、フィールドワーク作品などを著す。最新刊は『お咒い日和 その解説と実際』(KADOKAWA)。小説に『目嚢』『祝山』『鳥辺野にて』など、エッセイ『猫怪々』『霊能動物館』『墨東地霊散歩』など多数。
  • 対応デバイス
    パソコン
    スマートフォン
    タブレット
  • 京都橋姫殺人事件    大谷羊太郎
  • 京都橋姫殺人事件
  • 著作:大谷羊太郎
  • 価格 450円+税36円
  • 提供開始日:2018年02月02日
  • カテゴリー:
    文芸
  • 宮越綾菜は、カジュアル衣料会社の社長令嬢で、父親が社員の中から選んだ友也と結婚し、誰もが羨むような満ち足りた生活を送っていた。そんな綾菜に不運な事故が重なり、それは仏間やバスルームでの怪異現象にまで発展する。「誰かに呪いをかけられているのでは」と思いつめた綾菜は、呪いを解くために京都の貴船神社を訪れる。ところが連続怪死事件が発生して、綾菜は絶望のどん底を味わうことに。知人を介して相談を受けていた八木沢刑事は、はじめからトリックの存在を疑っていたが…。八木沢警部補の推理が冴える長篇ミステリ。

    ●大谷羊太郎(おおたに・ようたろう)
    1931年、東大阪市に生まれる。慶応大学文学部国文学科中退。大学在学中にプロミュージシャンとしてデビュー。芸能界で過ごした後、1970年に『殺意の演奏』で第16回江戸川乱歩賞を受賞。翌年より推理作家専業。トリック中心の推理小説を120冊以上発表。近年は時代小説でも多くの著書を発表している。
  • 対応デバイス
    パソコン
    スマートフォン
    タブレット
  • 偽装スキャンダル    大谷羊太郎
  • 偽装スキャンダル
  • 著作:大谷羊太郎
  • 価格 450円+税36円
  • 提供開始日:2018年02月02日
  • カテゴリー:
    文芸
  • 東京・高島平のパブで開かれたカラオケパーティ。「ここに集まった者の中に、自分の犯した犯罪を隠している人間がいる。殺人という恐るべき犯罪をな。おれはその人間に、実力で相応の刑を与えよう。ここに宣告する。極刑に処する、と」突然流れ始めた“殺人予告”の音声に、会場は騒然となった。そして数日後、客の一人だった坂上が殺害されてしまう。パブの経営者だった松浦に容疑がかかるが、彼は身の潔白を証明するため、自分で事件を追うことにした。警察に過去を調べられると、誰にも話していない“あのこと”まで発覚してしまうからだ…。長篇推理サスペンス。

    ●大谷羊太郎(おおたに・ようたろう)
    1931年、東大阪市に生まれる。慶応大学文学部国文学科中退。大学在学中にプロミュージシャンとしてデビュー。芸能界で過ごした後、1970年に『殺意の演奏』で第16回江戸川乱歩賞を受賞。翌年より推理作家専業。トリック中心の推理小説を120冊以上発表。近年は時代小説でも多くの著書を発表している。
  • 対応デバイス
    パソコン
    スマートフォン
    タブレット
  • クラシックカメラ12ヵ月    高斎正
  • クラシックカメラ12ヵ月
  • 著作:高斎正
  • 価格 700円+税56円
  • 提供開始日:2018年02月02日
  • カテゴリー:
    文芸
  • ローライフレックス、八年型パール、コンテッサ、レチナ……。12台の個性的な名品と名機を慈しむアマチュアカメラマンたち。古き良きものを愛し続けるすべての人に贈るハートフルな物語。季節に応じたクラシックカメラの活躍を描く。12本の短編小説と電子版あとがきを収録。
     ※本書は著者の意向により本文横書きで制作されています。

    1月 初詣 (ローライフレックス)
    2月 スキー (八年型パール)
    3月 卒業謝恩会 (コンテッサ)
    4月 入学式 (レチナ)
    5月 お見合い写真 (フジカシックス)
    6月 菖蒲 (ニコンS2)
    7月 花火 (マミヤシックス)
    8月 浴衣姿 (ベス単)
    9月 敬老の日 (ライカIIIf)
    10月 旅行 (ローライ35)
    11月 叙勲 (スーパーイコンタ)
    12月 インタビュー (ヴィテッサ)

    ●高斎 正(こうさい・ただし)
    1938年、群馬県生まれ。作家、自動車評論家。日本SF作家クラブ第3代事務局長を務め、名誉会員に。『ホンダがレースに復帰する時』『ミレミリアが復活する時』(いずれも徳間書店)、『パリ~ウィーン1902』(インターメディア出版)など、自動車レース小説を多く書く一方、ノンフィクションとして、ミドシップの歴史を追った『レーシングカー・技術の実験室』(講談社)や『モータースポーツ・ミセラニー』(朝日ソノラマ)などの著作もある。
  • 対応デバイス
    パソコン
    スマートフォン
    タブレット
  • クラシックカーを捜せ    高斎正
  • クラシックカーを捜せ
  • 著作:高斎正
  • 価格 450円+税36円
  • 提供開始日:2018年02月02日
  • カテゴリー:
    文芸
  • 大富豪のためにタイムマシンで20世紀に戻り、血眼でアルファ・ロメオ1750を捜し求める「クラシックカーを捜せ」、禁断の技術を使ってクルマの自動操縦装置を完成させた「自動操縦車」、レースドライバーのケガをなくすために“カプセル”を採用した「カプセルの花が開く時」、独裁者によって“遊びのための自動車”が駆逐された世界を描く「正義の都市交通」など、クルマにまつわるショートショート20作品を収録。
     ※本書は著者の意向により本文横書きで制作されています。

    *ダットサンを撃破せよ
    *見知らぬ奴のクルマ
    *天気
    *同じマシーンでレースをすれば
    *動機
    *自動操縦車
    *11台目の自動車
    *眼隠し走法
    *カプセルの花が開く時
    *正義の都市交通
    *小さいことは、いいことだ
    *超渋滞時代
    *サイクルカーの時代
    *マイカー賦課金
    *伝説の名車
    *便乗者
    *影の自動車
    *意地
    *クラシックカーを捜せ
    *実験車

    ●高斎 正(こうさい・ただし)
    1938年、群馬県生まれ。作家、自動車評論家。日本SF作家クラブ第3代事務局長を務め、名誉会員に。『ホンダがレースに復帰する時』『ミレミリアが復活する時』(いずれも徳間書店)、『パリ~ウィーン1902』(インターメディア出版)など、自動車レース小説を多く書く一方、ノンフィクションとして、ミドシップの歴史を追った『レーシングカー・技術の実験室』(講談社)や『モータースポーツ・ミセラニー』(朝日ソノラマ)などの著作もある。
  • 対応デバイス
    パソコン
    スマートフォン
    タブレット
  • 殺人航路    大谷羊太郎
  • 殺人航路
  • 著作:大谷羊太郎
  • 価格 450円+税36円
  • 提供開始日:2018年02月02日
  • カテゴリー:
    文芸
  • 伊豆大島をグループ旅行した女子大生の前原真樹は、記念撮影の写真の中に亡霊のような学生服姿の男が写っているのを発見した。その“亡霊写真”を見て、父親の信造は顔色を変えた。彼はさっそく、古い友人の有田道隆に電話した。が、その最中、密室状況下の書斎で急死。そして手には家族の誰も憶えのない溶岩の塊をにぎりしめていた。……数日後、有田の一人娘の由美子が家出した。結婚を反対されている相手の高村雅史にそそのかされたのだ、と有田は推測したが、行く先の見当はつかない。そして三日後、由美子から届いた速達、その消印には伊豆大島の元町局になっていた! すべての鍵は大島にある。慌ててその夜の船で向かった有田だが……。長篇推理サスペンス。

    ●大谷羊太郎(おおたに・ようたろう)
    1931年、東大阪市に生まれる。慶応大学文学部国文学科中退。大学在学中にプロミュージシャンとしてデビュー。芸能界で過ごした後、1970年に『殺意の演奏』で第16回江戸川乱歩賞を受賞。翌年より推理作家専業。トリック中心の推理小説を120冊以上発表。近年は時代小説でも多くの著書を発表している。
  • 対応デバイス
    パソコン
    スマートフォン
    タブレット
  • 失踪殺人事件    大谷羊太郎
  • 失踪殺人事件
  • 著作:大谷羊太郎
  • 価格 450円+税36円
  • 提供開始日:2018年02月02日
  • カテゴリー:
    文芸
  • 資産家で実業家の妻に頭のあがらない川名行夫は、旅行中に知り合った牧野小夜子と老神温泉で一夜を共にする。ところが翌朝、小夜子は、彼女を追いかけてきた二人の男から逃げようと、誤って温泉橋の渓流の崖から転落死する。殺人の容疑がかかることを恐れた川名は、かねてから妻の束縛から逃れることを考えていたこともあり、そのまま失踪。小夜子は大量の札束が入ったバッグを持っていたはずだが、それすら消えてしまった。それから三年後、川名邸で起きた殺人事件では、過去の事件が注目されて…。八木沢警部補の推理が冴える長篇ミステリ。

    ●大谷羊太郎(おおたに・ようたろう)
    1931年、東大阪市に生まれる。慶応大学文学部国文学科中退。大学在学中にプロミュージシャンとしてデビュー。芸能界で過ごした後、1970年に『殺意の演奏』で第16回江戸川乱歩賞を受賞。翌年より推理作家専業。トリック中心の推理小説を120冊以上発表。近年は時代小説でも多くの著書を発表している。
  • 対応デバイス
    パソコン
    スマートフォン
    タブレット
  • 信濃黒姫殺人事件    大谷羊太郎
  • 信濃黒姫殺人事件
  • 著作:大谷羊太郎
  • 価格 450円+税36円
  • 提供開始日:2018年02月02日
  • カテゴリー:
    文芸
  • 突如として行方をくらました往年のスター歌手・橘加奈子。彼女が所属する芸能プロダクション社長の森川は必死になって探したが、マスコミが大騒ぎしたにもかかわらず、いつまでたっても彼女は行方不明のままだった。一方、やり手の宝石商が東京郊外の自宅で拳銃自殺した。遺書が残されていたものの、警視庁捜査一課のベテラン刑事・八木沢庄一郎は、どうしても疑念をぬぐいさることができなかった。さらに多摩川土手では別の他殺死体が発見され、事件はいよいよ謎を深めていく…。八木沢警部補の推理が冴える長篇ミステリ。

    ●大谷羊太郎(おおたに・ようたろう)
    1931年、東大阪市に生まれる。慶応大学文学部国文学科中退。大学在学中にプロミュージシャンとしてデビュー。芸能界で過ごした後、1970年に『殺意の演奏』で第16回江戸川乱歩賞を受賞。翌年より推理作家専業。トリック中心の推理小説を120冊以上発表。近年は時代小説でも多くの著書を発表している。
  • 対応デバイス
    パソコン
    スマートフォン
    タブレット
  • 下関仙崎・愛と殺意の港    大谷羊太郎
  • 下関仙崎・愛と殺意の港
  • 著作:大谷羊太郎
  • 価格 450円+税36円
  • 提供開始日:2018年02月02日
  • カテゴリー:
    文芸
  • 東京・荒川区の古びた木造アパートで、女性の殺人死体が発見された。貧しい生活をしていた被害者の部屋に残っていたのは、アロマキャンドルと金子みすヾの詩集。八木沢刑事と島野理絵刑事のコンビが捜査を始めると、被害者の意外な素顔が明らかになった。やがて、第二の殺人事件が発生。二つの事件に関連はあるのか? 謎を解く鍵を求めて、二人は下関に向かう…。八木沢警部補の推理が冴える長篇ミステリ。

    ●大谷羊太郎(おおたに・ようたろう)
    1931年、東大阪市に生まれる。慶応大学文学部国文学科中退。大学在学中にプロミュージシャンとしてデビュー。芸能界で過ごした後、1970年に『殺意の演奏』で第16回江戸川乱歩賞を受賞。翌年より推理作家専業。トリック中心の推理小説を120冊以上発表。近年は時代小説でも多くの著書を発表している。
  • 対応デバイス
    パソコン
    スマートフォン
    タブレット
  • 信州諏訪湖殺人事件    大谷羊太郎
  • 信州諏訪湖殺人事件
  • 著作:大谷羊太郎
  • 価格 450円+税36円
  • 提供開始日:2018年02月02日
  • カテゴリー:
    文芸
  • ヤミ金融界の大物・北岡寛之助邸に二人組の強盗が侵入、現金五千万円を強奪した。冷酷非情にも主犯の植戸は、共犯の増垣との事前の約束を破り、老夫妻を殺害してしまう。車で逃走した二人だが、トランクの中に積みこんだはずの五千万は煙のように消えていた。疑念が激突する犯人たち…。一方、八木沢警部補は、新人の女刑事・島野理恵とともに、寛之助の郷里の諏訪湖を訪れる。しかし、捜査を開始したとたんに第二、第三の殺人事件が発生する。捜査線上に浮かび上がった謎の美女・菅井亜沙美。彼女の言動から八木沢は事件の真相を見抜き、信州諏訪湖を舞台に犯人の大追跡が始まるが…。八木沢警部補の推理が冴える長篇ミステリ。

    ●大谷羊太郎(おおたに・ようたろう)
    1931年、東大阪市に生まれる。慶応大学文学部国文学科中退。大学在学中にプロミュージシャンとしてデビュー。芸能界で過ごした後、1970年に『殺意の演奏』で第16回江戸川乱歩賞を受賞。翌年より推理作家専業。トリック中心の推理小説を120冊以上発表。近年は時代小説でも多くの著書を発表している。
  • 対応デバイス
    パソコン
    スマートフォン
    タブレット
  • 晴明。(1) 暁の星神    加門七海
  • 晴明。(1) 暁の星神
  • 著作:加門七海
  • 価格 450円+税36円
  • 提供開始日:2018年02月02日
  • カテゴリー:
    文芸
  • 承平七年の平安京に“陰陽寮の化物”と噂される少年がいた。彼の名は安倍晴明……その比類なき呪力と超然とした態度故、陰陽生たちから憎悪と嫉妬の感情をぶつけられているのだ。そんな晴明に、京内を徘徊する妖魔を操っているとの嫌疑がかけられた。果たして晴明は、魔道魔物に与する京の破壊者なのか!?
     少年期から青年期にかけての安倍晴明の活躍を独自の観点で描いた伝奇アクションが、電子書籍として復刊! 本書はその第1弾。大幅に加筆修正されたソノラマノベルス〈完全版〉の原稿を使用。

    ●加門七海(かもん・ななみ)
    東京都生まれ。オカルト・風水・民俗学などに造詣が深く、怪談、エッセイ、フィールドワーク作品などを著す。最新刊は『お咒い日和 その解説と実際』(KADOKAWA)。小説に『目嚢』『祝山』『鳥辺野にて』など、エッセイ『猫怪々』『霊能動物館』『墨東地霊散歩』など多数。
  • 対応デバイス
    パソコン
    スマートフォン
    タブレット
  • 早坂家の崩壊    大谷羊太郎
  • 早坂家の崩壊
  • 著作:大谷羊太郎
  • 価格 450円+税36円
  • 提供開始日:2018年02月02日
  • カテゴリー:
    文芸
  • 早坂家は父親・司郎、その妻・美和子、17歳の息子・俊明、15歳の娘・涼子の4人。超高級住宅地である田園調布に邸を構え、裕福で平穏な暮らしだった。しかし、司郎がオーナー社長を務めていた早坂宝石株式会社が倒産。これをきっかけに家庭崩壊の危機を迎える。俊明は父親に反抗して家を飛び出し、司郎は職探しの日々。だがある日、司郎はきく子という女と知り合ってから女優の失踪事件に巻き込まれ、運命が変わってしまう。一方、俊明の方も旧友の紹介で、芸能プロダクションを訪れ、スター歌手になる決心をする。父と息子ははからずも芸能界という共通した世界をのぞくことになったが…。家庭崩壊をテーマに描いた異色サスペンス。

    ●大谷羊太郎(おおたに・ようたろう)
    1931年、東大阪市に生まれる。慶応大学文学部国文学科中退。大学在学中にプロミュージシャンとしてデビュー。芸能界で過ごした後、1970年に『殺意の演奏』で第16回江戸川乱歩賞を受賞。翌年より推理作家専業。トリック中心の推理小説を120冊以上発表。近年は時代小説でも多くの著書を発表している。
  • 対応デバイス
    パソコン
    スマートフォン
    タブレット
  • 東伊豆殺人事件    大谷羊太郎
  • 東伊豆殺人事件
  • 著作:大谷羊太郎
  • 価格 450円+税36円
  • 提供開始日:2018年02月02日
  • カテゴリー:
    文芸
  • 若き未亡人・麻季子は、前夫の旧知である稲山不動産の御曹司・道夫と再婚。それは幼い頃に父を亡くし、母に捨てられた彼女にとって、初めて掴んだ幸運のはずだった。ある日、麻季子は気分転換で出かけた東伊豆の別荘地で、彼女の過去を知る八木沢刑事と偶然出会う。その後、その別荘で道夫の兄が殺害されるという事件が起こり…。巧妙に張りめぐらされた罠にはまるのは誰なのか? 八木沢警部補の推理が冴える長篇ミステリ。

    ●大谷羊太郎(おおたに・ようたろう)
    1931年、東大阪市に生まれる。慶応大学文学部国文学科中退。大学在学中にプロミュージシャンとしてデビュー。芸能界で過ごした後、1970年に『殺意の演奏』で第16回江戸川乱歩賞を受賞。翌年より推理作家専業。トリック中心の推理小説を120冊以上発表。近年は時代小説でも多くの著書を発表している。
  • 対応デバイス
    パソコン
    スマートフォン
    タブレット
  • 病魔の棲む街    米山公啓
  • 病魔の棲む街
  • 著作:米山公啓
  • 価格 450円+税36円
  • 提供開始日:2018年02月02日
  • カテゴリー:
    文芸
  • 都市に潜む病魔。未知なるミステリーファイル。「複視」「発熱」「頭痛」「動悸」「腹痛」「発疹」……6つの病気にまつわるキーワードから生まれた、その美しくも恐ろしい殺人トリックとストーリー。現役の医師でもある著者が放つ、異色のホラー・サスペンス短編集。

    *複視
    *発熱
    *頭痛
    *動悸
    *腹痛
    *発疹

    ●米山公啓(よねやま・きみひろ)
    1952年山梨県生まれ。作家、医学博士、神経内科医。聖マリアンナ大学医学部卒業、聖マリアンナ医科大学第2内科助教授を1998年2月に退職。本格的な著作活動を開始。現在もあきる野市の米山医院で診療を続けながら、医学ミステリー、小説、エッセイ、医療実用書など、280冊以上を上梓。テレビ・ラジオ番組の監修・出演をこなし、講演会も全国で行なっている。
  • 対応デバイス
    パソコン
    スマートフォン
    タブレット
  • 二人の夏    斎藤純
  • 二人の夏
  • 著作:斎藤純
  • 価格 450円+税36円
  • 提供開始日:2018年02月02日
  • カテゴリー:
    文芸
  • 鈴鹿八時間耐久レースを観るためSRで国道138号を走る石坂圭介。途中、MGBを操る女性と車のエンジントラブルをきっかけに知り合う。「チーム・ヒロサワ」の話で盛り上がる二人だったが、鈴鹿の暗い陰を引きずる彼女に何が…。(「二人の夏」より)
     ハードボイルド作家と思われがちな著者が、デビュー前から書きためていた恋愛小説を集めた短篇集。オートバイ、テニス、ジャズを題材に若者たちの心情をさわやかに描く。

    *約束の時間
    *風のように渡る
    *夜明けのディスクジョッキー
    *テニスコート
    *彼女のウィンブルドン
    *二人の夏
    *マイルストーンズ
    *ブルー・シティ
    *雪絵の十二月

    ●斎藤純(さいとう・じゅん)
    小説家。1957年、盛岡市生まれ。FM岩手在職中の1988年『テニス、そして殺人者のタンゴ』でデビュー。1994年『ル・ジタン』で第47回日本推理作家協会賞短編部門を受賞。2005年『銀輪の覇者』(早川ミステリ文庫)が「このミステリーがすごい!」のベスト5に選出される。岩手町立石神の丘美術館芸術監督、岩手県立図書館運営協議委員などをつとめている。
  • 対応デバイス
    パソコン
    スマートフォン
    タブレット
  • 三河伊良湖殺意の岬    大谷羊太郎
  • 三河伊良湖殺意の岬
  • 著作:大谷羊太郎
  • 価格 450円+税36円
  • 提供開始日:2018年02月02日
  • カテゴリー:
    文芸
  • クラブホステスだった飛山初絵は、老資産家と結婚後、夫を殺害して莫大な遺産を手に入れた。しかし三年後、殺人を依頼した男・中根菊夫から恐喝される。大金を手にした中根だったが、知人に預けたはずのコインロッカーの鍵が消えてしまい、必死の捜索を始める。鍵を持ち出したのは、夫の暴力に耐え忍ぶ人妻。彼女は偶然にも旅先で、警視庁の村岡刑事に出会い…。人気ミステリ・八木沢警部補シリーズの外伝的作品。

    ●大谷羊太郎(おおたに・ようたろう)
    1931年、東大阪市に生まれる。慶応大学文学部国文学科中退。大学在学中にプロミュージシャンとしてデビュー。芸能界で過ごした後、1970年に『殺意の演奏』で第16回江戸川乱歩賞を受賞。翌年より推理作家専業。トリック中心の推理小説を120冊以上発表。近年は時代小説でも多くの著書を発表している。
  • 対応デバイス
    パソコン
    スマートフォン
    タブレット
  • ミツビシがモンテを目指す時    高斎正
  • ミツビシがモンテを目指す時
  • 著作:高斎正
  • 価格 450円+税36円
  • 提供開始日:2018年02月02日
  • カテゴリー:
    エンターテイメント
  • 三菱自動車は新型ランサー2000GTを開発、大量生産車でのモンテカルロ・ラリー総合優勝に挑戦した。マシーンの耐久性向上は三菱石油、通信手段の改良は三菱電機と、グループ総がかりの協力でハードウェアは完成、ワークスドライバーも雪道の天才・等々力誠を加えた一流の布陣。ヨーロッパ各都市から出発するコンセントレーション・ランを皮切りに、ランサーの走りは世界を制するか!?
     レース小説の名作『ランサーがモンテを目指す時』が改題、加筆修正されてついに電子で復刊! 電子版あとがきを収録。
     ※本書は著者の意向により本文横書きで制作されています。

    ●高斎 正(こうさい・ただし)
    1938年、群馬県生まれ。作家、自動車評論家。日本SF作家クラブ第3代事務局長を務め、名誉会員に。『ホンダがレースに復帰する時』『ミレミリアが復活する時』(いずれも徳間書店)、『パリ~ウィーン1902』(インターメディア出版)など、自動車レース小説を多く書く一方、ノンフィクションとして、ミドシップの歴史を追った『レーシングカー・技術の実験室』(講談社)や『モータースポーツ・ミセラニー』(朝日ソノラマ)などの著作もある。
  • 対応デバイス
    パソコン
    スマートフォン
    タブレット
  • 目撃者は二人いた    大谷羊太郎
  • 目撃者は二人いた
  • 著作:大谷羊太郎
  • 価格 450円+税36円
  • 提供開始日:2018年02月02日
  • カテゴリー:
    文芸
  • ある日、ふと手にした新聞の記事にあった“瓶の破裂”というキーワードから、子供の頃の古い記憶がよみがえる…。15年前、三田村志津夫の父親は、強盗殺人一味の汚名を着て死んだ。「おやじは強盗殺人などできる人間ではない!」三田村は、単独で過去の真相を探りはじめた。やっと一味を捜しだしたが、その矢先に一人は墜落死、一人は絞殺死体で発見された。そして現場に残っていた靴跡から、三田村に容疑がかけられてしまう。絶体絶命の彼に手をさしのべたのは、意外な人物だった…。長篇推理サスペンス。

    ●大谷羊太郎(おおたに・ようたろう)
    1931年、東大阪市に生まれる。慶応大学文学部国文学科中退。大学在学中にプロミュージシャンとしてデビュー。芸能界で過ごした後、1970年に『殺意の演奏』で第16回江戸川乱歩賞を受賞。翌年より推理作家専業。トリック中心の推理小説を120冊以上発表。近年は時代小説でも多くの著書を発表している。
  • 対応デバイス
    パソコン
    スマートフォン
    タブレット
  • 幽霊殺人事件    大谷羊太郎
  • 幽霊殺人事件
  • 著作:大谷羊太郎
  • 価格 450円+税36円
  • 提供開始日:2018年02月02日
  • カテゴリー:
    文芸
  • 都内の建築資材会社に勤めるOL豊原亜紀は、恋人の綿貫志郎とドライブした北関東の山奥で、二度も幻の女性に出会う。一瞬で姿を消すその女は、はたして現実のものか…。“幽霊”の存在におびえる亜紀だが、綿貫は真面目に取り合ってくれない。姉代わりの江川絵利子にも話すが一笑に付されてしまう。ある夜、亜紀は綿貫の留守宅で、ガラス窓に映るあの女を見た。やがて綿貫は失踪し、亜紀は彼の書斎で、十三年前の日付のある二葉の写真を見つけた。そこには“幽霊”が写っていた…。八木沢警部補の推理が冴える長篇ミステリ。

    ●大谷羊太郎(おおたに・ようたろう)
    1931年、東大阪市に生まれる。慶応大学文学部国文学科中退。大学在学中にプロミュージシャンとしてデビュー。芸能界で過ごした後、1970年に『殺意の演奏』で第16回江戸川乱歩賞を受賞。翌年より推理作家専業。トリック中心の推理小説を120冊以上発表。近年は時代小説でも多くの著書を発表している。
  • 対応デバイス
    パソコン
    スマートフォン
    タブレット
  • あの風に訊け(2) 洛書篇    加門七海
  • あの風に訊け(2) 洛書篇
  • 著作:加門七海
  • 価格 450円+税36円
  • 提供開始日:2018年02月02日
  • カテゴリー:
    文芸
  • 「河図と洛書を揃える意味を、君は知っているのか?」すべてを無に帰す「河図」の宿命を負った少年・風守太一と、その双子の弟にしてすべてを生み出す「洛書」の月緒。「それは世界で唯一、核弾頭を持っているということだ」彼らは破壊だけでなく、再生さえも司る最強の呪術兵器。いや、兵器というよりむしろ……神だ。世界の命運を握る双子の、絡み合う糸の行き着く先は? 衝撃の世紀末幻想。

    ●加門七海(かもん・ななみ)
    東京都生まれ。オカルト・風水・民俗学などに造詣が深く、怪談、エッセイ、フィールドワーク作品などを著す。最新刊は『お咒い日和 その解説と実際』(KADOKAWA)。小説に『目嚢』『祝山』『鳥辺野にて』など、エッセイ『猫怪々』『霊能動物館』『墨東地霊散歩』など多数。
  • 対応デバイス
    パソコン
    スマートフォン
    タブレット
  • 晴明。(2) 鬼哭 前篇    加門七海
  • 晴明。(2) 鬼哭 前篇
  • 著作:加門七海
  • 価格 450円+税36円
  • 提供開始日:2018年02月02日
  • カテゴリー:
    文芸
  • 十二年前に京の危機を救い、一躍、神の力を持つ者として名を知られるようになった安倍晴明。その晴明が那智での千日修行から帰京した折、最初に目にしたものは、京の人々が皆、香色の服を着ている姿だった。香色の服……即ち凶服である。それは明らかに現つの光景ではない。まさに凶兆! 一体、凶に何が起きるのか? そして、星の告げる晴明の運命は!?
     少年期から青年期にかけての安倍晴明の活躍を独自の観点で描いた伝奇アクションが、電子書籍として復刊! 本書はその第2弾。大幅に加筆修正されたソノラマノベルス〈完全版〉の原稿を使用。

    ●加門七海(かもん・ななみ)
    東京都生まれ。オカルト・風水・民俗学などに造詣が深く、怪談、エッセイ、フィールドワーク作品などを著す。最新刊は『お咒い日和 その解説と実際』(KADOKAWA)。小説に『目嚢』『祝山』『鳥辺野にて』など、エッセイ『猫怪々』『霊能動物館』『墨東地霊散歩』など多数。
  • 対応デバイス
    パソコン
    スマートフォン
    タブレット
  • 晴明。(3) 鬼哭 後篇    加門七海
  • 晴明。(3) 鬼哭 後篇
  • 著作:加門七海
  • 価格 450円+税36円
  • 提供開始日:2018年02月02日
  • カテゴリー:
    文芸
  • 晴明を希代の鬼と断言する浄蔵に、保憲は激しく動揺する。一方、京の瘴気の正体を忠行に卜占で見てもらった能宣は、帰りに大路で京人が喪服を着ている光景に遭遇し、呆然となる。思えば京の凶事は、すべて晴明の帰京とともに始まっている……ならば晴明は、本当に京に牙剥く鬼なのか? また、保憲、能宣、道満は、晴明を本気で調伏することができるのか!?
     少年期から青年期にかけての安倍晴明の活躍を独自の観点で描いた伝奇アクションが、電子書籍として復刊! 本書はその第3弾にして完結編。大幅に加筆修正されたソノラマノベルス〈完全版〉の原稿を使用。

    ●加門七海(かもん・ななみ)
    東京都生まれ。オカルト・風水・民俗学などに造詣が深く、怪談、エッセイ、フィールドワーク作品などを著す。最新刊は『お咒い日和 その解説と実際』(KADOKAWA)。小説に『目嚢』『祝山』『鳥辺野にて』など、エッセイ『猫怪々』『霊能動物館』『墨東地霊散歩』など多数。
  • 対応デバイス
    パソコン
    スマートフォン
    タブレット
  • 完全ヒモマニュアル    鍵英之
  • 完全ヒモマニュアル
  • 著作:鍵英之
  • 価格 450円+税36円
  • 提供開始日:2018年01月26日
  • カテゴリー:
    エンターテイメント
  • ルックスは十人並、どちらかといえばダメ男、そんな著者がなぜ脱サラしてまで“ヒモ”という生き方を選び、現在いかにして複数の女性からのサポートで生活しているかを紹介。本書を読めば「これなら自分にもできる」と、自信と勇気がわいてくるはず!?
     1998年に刊行されて話題騒然、雑誌・テレビなど多くのメディアに取り上げられた「伝説のヒモ指南書」が電子化されて復刊! 時代が変わっても男と女の恋愛ハウツーテクニックは不変!? 当時の風俗・世相を知る上で貴重な資料でもある。

    第1章 脱サラ転職型の「ヒモ」というお仕事
    第2章 女で食う男のナンパ戦術【物色編】
    第3章 女で食う男のナンパ戦術【ホテルでエッチ編】
    第4章 女(カネ)は街に落ちている!! 最強のナンパ師「トラの穴」
    第5章 「貢がれる男」だけが知っている悪魔の恋愛術
    第6章 「ダメ男」として金と女をGETせよ!!【ヒモ上級者編】

    ●鍵英之(かぎ・ひでゆき)
    1966年、神戸市生まれ。早稲田大学政治経済学部卒。ソニー宣伝部にて三年半就労するも「生涯賃金」よりも「生涯人数」を優先すべきと己の人生の目的に目覚め、エリートコースを捨てて脱サラ。以降、常に複数の「ヒモられさん(貢いでくれる女性を意味する)」によって生計を立てながら「ナンパ真剣師」として400人を超える女性たちとのセックスに成功。その中で「ヒモられさん」になってくれて貢がれ続けた末に、一時は銀行口座残高が4000万円を超えたことさえある。トークイベントの他、雑誌・テレビなどへの出演も多数。
  • 対応デバイス
    パソコン
    スマートフォン
    タブレット
  • キミでもヤれるナンパの本    鍵英之
  • キミでもヤれるナンパの本
  • 著作:鍵英之
  • 価格 450円+税36円
  • 提供開始日:2018年01月26日
  • カテゴリー:
    エンターテイメント
  • カッコいい男は、いくらでも女のコが寄ってきたり、どんなかたちで会っても恋愛に発展するだろう。しかし、モテない男にはナンパという“奇襲”しかないのだ。いつの時代でも、劣勢の側が勝つには奇襲攻撃だ。フツー以下の魅力をもつキミには、ぜひ僕のナンパ術を身につけてほしい。自信をもってくれ。女のコだって出会いがほしいのだから…。
     1999年に刊行された「伝説のナンパ指南書」が電子化されて復刊! 時代が変わっても男と女の恋愛ハウツーテクニックは不変!? 当時の風俗・世相を知る上で貴重な資料でもある。

    まえがきにかえて ナンパ師に15の質問
    序章 いま、キミがナンパをする理由
    1章 モテない男でもデキるのがナンパ!
    2章 いきなり傷つかないためにやっておくべきこと
    3章 ちゃんと選べば来るコはいっぱいいる!
    4章 「ふたりっきり」はこうすればいい
    5章 僕のとっておきの口説きテクニック
    6章 女のココロはこうして手に入れる

    ●鍵英之(かぎ・ひでゆき)
    1966年、神戸市生まれ。早稲田大学政治経済学部卒。ソニー宣伝部にて三年半就労するも「生涯賃金」よりも「生涯人数」を優先すべきと己の人生の目的に目覚め、エリートコースを捨てて脱サラ。以降、常に複数の「ヒモられさん(貢いでくれる女性を意味する)」によって生計を立てながら「ナンパ真剣師」として400人を超える女性たちとのセックスに成功。その中で「ヒモられさん」になってくれて貢がれ続けた末に、一時は銀行口座残高が4000万円を超えたことさえある。トークイベントの他、雑誌・テレビなどへの出演も多数。
  • 対応デバイス
    パソコン
    スマートフォン
    タブレット
  • 女王(クィーン)とプリンセスの英国王室史    林信吾
  • 女王(クィーン)とプリンセスの英国王室史
  • 著作:林信吾
  • 価格 450円+税36円
  • 提供開始日:2018年01月26日
  • カテゴリー:
    専門書
  • なぜ世界から「英国王室」は注目されるのでしょう。本書では、二人のエリザベス(エリザベス一世とエリザベス二世)を軸にして、メアリ、ダイアナ、キャサリンまで、英国王室の歴史を紐解くとともに、王権とはどういうものか、現代社会における王家の在り方とは何かを解説。日本の「皇室」との違いや、「英国王室」が生まれ変わり続ける源流に迫ります。まさに、日本人のための「英国王室」入門書といえる一冊です。新書版から大幅に加筆修正した電子版。

    はじめに 英国王の現在・過去・未来
    第一章 女王の治世は繁栄する[英国史を彩った女王たち]
    第二章 離婚したさに国教会創立……?[宗教改革と最悪の混乱]
    第三章 無敵艦隊になぜ勝てたのか?[エリザベス一世の戦争]
    第四章 大英帝国の斜陽がはじまった[エリザベス二世の戦争]
    第五章 王権の影の悲劇とは?[メアリとダイアナ]
    第六章 人気なくして王位なし!?[岐路に立つ王権]
    電子版のための補遺「もの言うプリンセスの登場」

    ●林 信吾(はやし・しんご)
    1958年、東京生まれ。神奈川大学中退。1983年より10年間、英国に滞在。この間、ジャーナリストとして活動する傍ら、『地球の歩き方・ロンドン編』の企画と執筆に参加。帰国後はフリーで執筆活動に専念している。『青山栄次郎伝 EUの礎を築いた男』(角川書店)、『超入門資本論 マルクスという生き方』(新人物往来社文庫)、『反戦軍事学』(朝日新書)、『イギリス型〈豊かさ〉の真実』(講談社現代新書)など、著書多数。
  • 対応デバイス
    パソコン
    スマートフォン
    タブレット
  • 極ナンパ術    鍵英之
  • 極ナンパ術
  • 著作:鍵英之
  • 価格 450円+税36円
  • 提供開始日:2018年01月26日
  • カテゴリー:
    エンターテイメント
  • 普通に生活していて好みの女性と出逢う確率は、たかが知れています。「出逢いがない!」と思う前に、カワイイ子との出逢いを自ら創り出すテクニックを教えます! 伝説のナンパ師・鍵英之が実戦で培ってきた女性の行動心理&ナンパの極意を大公開。シャイといわれる日本男児改造のための、実戦サバイバル術がここにあります。iPhoneブックランキング1位を獲得、累計35,000ダウンロードを記録した人気アプリの電子書籍版。
    ・出逢ったその日に最後まで「ヤル」極意!
    ・自らのコンプレックスを武器にする出逢い術
    ・『デート→親密な会話→セックス』の方程式
    ・サラリーマンだからこそ、使えるナンパ手法
    ・口下手、上がり症でもデキるお手軽ナンパ

    PROLOGUE 某月某日ナンパ師の一日
    ATTACK-1 意識改革が人生を変える
    ATTACK-2 習うより慣れろはナンパの極意
    ATTACK-3 難しくない初歩的テクニック
    ATTACK-4 誰もやらないからこそここまでやる
    ATTACK-5 実践に基づく究極のテクニック
    ATTACK-6 もう怖いものは何もない

    ●鍵英之(かぎ・ひでゆき)
    1966年、神戸市生まれ。早稲田大学政治経済学部卒。ソニー宣伝部にて三年半就労するも「生涯賃金」よりも「生涯人数」を優先すべきと己の人生の目的に目覚め、エリートコースを捨てて脱サラ。以降、常に複数の「ヒモられさん(貢いでくれる女性を意味する)」によって生計を立てながら「ナンパ真剣師」として400人を超える女性たちとのセックスに成功。その中で「ヒモられさん」になってくれて貢がれ続けた末に、一時は銀行口座残高が4000万円を超えたことさえある。トークイベントの他、雑誌・テレビなどへの出演も多数。
  • 対応デバイス
    パソコン
    スマートフォン
    タブレット
  • 新完全ヒモマニュアル    鍵英之
  • 新完全ヒモマニュアル
  • 著作:鍵英之
  • 価格 450円+税36円
  • 提供開始日:2018年01月26日
  • カテゴリー:
    エンターテイメント
  • 不況の現在、“ヒモ”以外に生きていく道がどこにある? 「ヒモは男性の生活必須技術である」と言うヒモ歴17年の著者が、ナンパからヒモ生活、そしていい捨てられ方まで全部公開。上級者向けヒモテクニックともいえる、『完全ヒモマニュアル』の続編。
     2003年に刊行された「伝説のヒモ指南書」が電子化されて復刊! 時代が変わっても男と女の恋愛ハウツーテクニックは不変!? 当時の風俗・世相を知る上で貴重な資料でもある。

    プロローグ 大失業時代はヒモの時代だ
    第1段作戦 ファースト・コンタクト〈ナンパ〉
    第2段作戦 植民地統治〈ヒモられさん管理〉
    第3段作戦 独立運動への対応と連邦制への移行〈いい捨てられ方〉
    第4段作戦 鍵英之戦史

    ●鍵英之(かぎ・ひでゆき)
    1966年、神戸市生まれ。早稲田大学政治経済学部卒。ソニー宣伝部にて三年半就労するも「生涯賃金」よりも「生涯人数」を優先すべきと己の人生の目的に目覚め、エリートコースを捨てて脱サラ。以降、常に複数の「ヒモられさん(貢いでくれる女性を意味する)」によって生計を立てながら「ナンパ真剣師」として400人を超える女性たちとのセックスに成功。その中で「ヒモられさん」になってくれて貢がれ続けた末に、一時は銀行口座残高が4000万円を超えたことさえある。トークイベントの他、雑誌・テレビなどへの出演も多数。
  • 対応デバイス
    パソコン
    スマートフォン
    タブレット
  • 震災ウラ噺    微笑亭さん太
  • 震災ウラ噺
  • 著作:微笑亭さん太 原案:藤尾潔
  • 価格 99円+税7円
  • 提供開始日:2018年01月26日
  • カテゴリー:
    エンターテイメント
  • 「地震も来るんやったら、前の日にでも、一言ゆうといてくれたらええのに」
    「何をゆうてんねん。予告編のある地震てなもんがあるかいな」
     震災後の絶望感を抱えながら、それでもジョークを言い合いながら、明るく強く生きた神戸の人々。その実話エピソードを集めた名著『大震災名言録』を落語バージョンに仕上げたのが本作です。アホらしくて、どうしようもないけど、愛おしい。そんな関西人の笑いを是非ご堪能ください。電子オリジナル作品。

    ●微笑亭さん太(ほほえみてい・さんた)
    1964年、愛知県生まれ。大学在学中は落語研究会に所属。卒業後、豊橋落語天狗連に参加。2004年「第1回全国落語台本コンクール」にて自作『身投げ橋』が最優秀賞を獲得。以来、春風亭小朝、春風亭昇太、立川志の輔、林家正蔵、林家木久蔵、林家三平、桂かい枝など、プロの落語家に定期的に落語台本を提供する作家活動のかたわら、自らも年間250回に及ぶ高座に上がり続ける。2009年「社会人落語日本一決定戦」3位入賞、翌年は奨励賞、2013年には藤本義一賞を受賞。その他、「落語協会台本コンクール」や「上方落語協会台本コンクール」などでも多数受賞している。近年は『悪質商法撃退落語』『振り込め詐欺撃退落語』など、テーマに応じた創作落語を作って演じ、その啓発に一役買っている。

    ●藤尾 潔(ふじお・きよし)
    1966年、兵庫県神戸市垂水区に生まれ、東灘区で育つ。1990年、早稲田大学政経学部卒業後、ソニー宣伝部勤務を経て、ライターとなったとたん阪神淡路大震災。神戸の小、中、高と母校のすべてが避難所となる。以後、震災をテーマに取り組み、『大震災名言録』を出版する。著書に『早稲田大学おもしろ話』(光文社)ほか。
  • 対応デバイス
    パソコン
    スマートフォン
    タブレット
  • 十二文病院 最期の依頼    霧村悠康
  • 十二文病院 最期の依頼
  • 著作:霧村悠康
  • 価格 450円+税36円
  • 提供開始日:2018年01月26日
  • カテゴリー:
    文芸
  • 「ご主人と一緒に、あの世に旅立ちたいとおっしゃるのですね」十二文病院の院長は、太い眉毛の下の黒い双眸にやわらかな光を湛えて、先ほど着いたタクシーから車椅子に乗って入院してきた樋口加代に話しかけた。(「第二話 彫刻像」より)
     人が死亡して、三途の川をわたる時、渡し守に払う船賃が一人につき六文、と言われている。つまり、この世で契り合った二人が一緒にわたるには、合計で十二文…。日本のどこかにあるという十二文病院。そこには特殊な依頼が集まってくる。現行の日本の法律では殺人とされている安楽死さえも。命の尊厳、人生の終焉をテーマにした連作短編小説集。

    第一話 絶景
    第二話 彫刻像
    第三話 術中死
    第四話 二人の女
    第五話 未覚醒

    ●霧村悠康(きりむら・ゆうこう)
    大阪大学医学部卒業。大阪大学微生物病研究所附属病院、大阪大学医学部附属病院で腫瘍外科の臨床医として活躍しながら、腫瘍免疫学、生命科学に関する基礎研究論文を数多く発表。現在、大手製薬会社メディカルアドヴァイザー兼勤務医。『死の点滴』(二見書房)、『悪医の病棟』(徳間書店)など医療ミステリーの著書多数。「女医・倉石祥子」シリーズはテレビドラマ化された。
  • 対応デバイス
    パソコン
    スマートフォン
    タブレット
  • ブサナンパ    鍵英之
  • ブサナンパ
  • 著作:鍵英之
  • 価格 450円+税36円
  • 提供開始日:2018年01月26日
  • カテゴリー:
    エンターテイメント
  • 凄まじいばかりのリアルである。「一生、童貞のままで終わりたくない!」ブサイク、モテない、という絶体絶命の境地から、いかに試行錯誤を重ねて“生涯人数”を伸ばしていったのか? 本書はその軌跡であり、世のすべてのモテない男子へのバイブルにふさわしい。「伝説のナンパ師」と呼びならわされる男の「性の自叙伝」にして、次の世代へ向けた「性の伝承」がここに記されている。

    ●鍵英之(かぎ・ひでゆき)
    1966年、神戸市生まれ。早稲田大学政治経済学部卒。ソニー宣伝部にて三年半就労するも「生涯賃金」よりも「生涯人数」を優先すべきと己の人生の目的に目覚め、エリートコースを捨てて脱サラ。以降、常に複数の「ヒモられさん(貢いでくれる女性を意味する)」によって生計を立てながら「ナンパ真剣師」として400人を超える女性たちとのセックスに成功。その中で「ヒモられさん」になってくれて貢がれ続けた末に、一時は銀行口座残高が4000万円を超えたことさえある。トークイベントの他、雑誌・テレビなどへの出演も多数。
  • 対応デバイス
    パソコン
    スマートフォン
    タブレット
  • モテる男に変わる本    鍵英之
  • モテる男に変わる本
  • 著作:鍵英之
  • 価格 450円+税36円
  • 提供開始日:2018年01月26日
  • カテゴリー:
    エンターテイメント
  • 一流企業のサラリーマンを辞め、17年間ナンパに専念。400人以上の女性と寝て、ヒモ暮らしを続けてきた男というと、どんな人物を想像されるだろうか。世に言うイケメン系のカテゴリーからは程遠い平凡な男が、どのようにして400人にも及ぶ女性を口説き、ベッドインまで持ちこむことができたのか…。本書は、著者の実践からのみ構築された、壮絶なルポルタージュでもある。
     2009年に刊行された「伝説のナンパ指南書」が電子化されて復刊! 時代が変わっても男と女の恋愛ハウツーテクニックは不変!? 当時の風俗・世相を知る上で貴重な資料でもある。

    第1章 誰でもモテる男になれる
    第2章 ローマは一日にしてならず ~リア充くんを目指せ~
    第3章 モテるためのナンパの基本
    第4章 ナンパは男を磨く修行の場だ
    第5章 ネット・ナンパが草食系を救う
    第6章 ベッドインまでの必勝法則
    第7章 モテる男の究極の奥義

    ●鍵英之(かぎ・ひでゆき)
    1966年、神戸市生まれ。早稲田大学政治経済学部卒。ソニー宣伝部にて三年半就労するも「生涯賃金」よりも「生涯人数」を優先すべきと己の人生の目的に目覚め、エリートコースを捨てて脱サラ。以降、常に複数の「ヒモられさん(貢いでくれる女性を意味する)」によって生計を立てながら「ナンパ真剣師」として400人を超える女性たちとのセックスに成功。その中で「ヒモられさん」になってくれて貢がれ続けた末に、一時は銀行口座残高が4000万円を超えたことさえある。トークイベントの他、雑誌・テレビなどへの出演も多数。
  • 対応デバイス
    パソコン
    スマートフォン
    タブレット
  • 女切り    加門七海
  • 女切り
  • 著作:加門七海
  • 価格 450円+税36円
  • 提供開始日:2017年12月29日
  • カテゴリー:
    文芸
  • 鎌倉の友人宅で“女を殺した”ことがあるという刀を見せられた私は、その刀に強く魅かれてしまう。夜中、刀の先に私が見たものは、崩れた日本髪の美しい女と血の滴りであった……。(「女切り」より)
     妖かしと異形の世界を通じ、名もないものたちの、愛と孤独と哀しみを描く、恐ろしくも甘美で魅惑的な物語。ホラー八篇を収録。

    *女切り
    *石の碑文―「Kwaidan」拾遺―
    *弟
    *喜三郎の憂鬱
    *かみやしろのもり
    *すみだ川
    *小さな祠
    *虫すだく

    ●加門七海(かもん・ななみ)
    東京都生まれ。オカルト・風水・民俗学などに造詣が深く、怪談、エッセイ、フィールドワーク作品などを著す。最新刊は『お咒い日和 その解説と実際』(KADOKAWA)。小説に『目嚢』『祝山』『鳥辺野にて』など、エッセイ『猫怪々』『霊能動物館』『墨東地霊散歩』など多数。
  • 対応デバイス
    パソコン
    スマートフォン
    タブレット
  • 蠱(こ)    加門七海
  • 蠱(こ)
  • 著作:加門七海
  • 価格 450円+税36円
  • 提供開始日:2017年12月29日
  • カテゴリー:
    文芸
  • 恋敵への呪咀の念が、過去の“蠱毒(こどく)”を甦らせ、女子大生の胎内に蟷螂(かまきり)が宿る…。短篇処女作の「蠱」をはじめ、カメラマン志願青年の眼球すりかえ奇譚「浄眼」や、弥勒信仰をテーマにした、戦慄の生体ミイラ村物語「桃源郷」など、学園を舞台にした五篇を収録。乾いた怖さが心地よい、「現代の怪談」の傑作。
    *蠱
    *浄眼
    *桃源郷
    *実話
    *分身

    ●加門七海(かもん・ななみ)
    東京都生まれ。オカルト・風水・民俗学などに造詣が深く、怪談、エッセイ、フィールドワーク作品などを著す。最新刊は『お咒い日和 その解説と実際』(KADOKAWA)。小説に『目嚢』『祝山』『鳥辺野にて』など、エッセイ『猫怪々』『霊能動物館』『墨東地霊散歩』など多数。
  • 対応デバイス
    パソコン
    スマートフォン
    タブレット
  • 死弦琴妖変    加門七海
  • 死弦琴妖変
  • 著作:加門七海
  • 価格 700円+税56円
  • 提供開始日:2017年12月29日
  • カテゴリー:
    文芸
  • 「四大琴」と呼ばれる古い琴があった。中国から伝来した秘宝で、それにしかるべき糸を張り、曲を奏せばありとあらゆる願い事が叶うという。そしてその四大琴の持ち主が吉原にいるとの情報を得た徳川家斉は、御庭番・舘脇和右衛門を派遣する。しかし、御庭番とは名ばかりで不器用で生真面目、機転がきかず遊女のあしらいもろくに出来ない舘脇の捜査はなかなか進まない。そんな折り、舘脇は一人の幇間と出会う。一八と名乗るその男はただの幇間ではなく、八咫烏の式神を操り江戸り魔界に精通する不思議な存在であった。彼との出会いが舘脇を、そして事件を意外な方向に導いていく…。
     著者ならではのオカルト・風水の知識を駆使し生み出された、新解釈の“江戸”を舞台とした痛快伝奇時代劇。

    ●加門七海(かもん・ななみ)
    東京都生まれ。オカルト・風水・民俗学などに造詣が深く、怪談、エッセイ、フィールドワーク作品などを著す。最新刊は『お咒い日和 その解説と実際』(KADOKAWA)。小説に『目嚢』『祝山』『鳥辺野にて』など、エッセイ『猫怪々』『霊能動物館』『墨東地霊散歩』など多数。
  • 対応デバイス
    パソコン
    スマートフォン
    タブレット
  • じぱんぐ!(1)    加門七海
  • じぱんぐ!(1)
  • 著作:加門七海
  • 価格 450円+税36円
  • 提供開始日:2017年12月29日
  • カテゴリー:
    ライトノベル
  • 「ぎゃぁああ~!!」虚空を飛びながら、鷹彦は叫んでいた。なんでこんなことになってしまったのか。夏休みの宿題を写させてもらうため、図書館に行こうとしただけなのに……。
     道でばったり美人教師に出会ってしまったのが不幸の始まりだった。連れていかれた博物館で、鷹彦の前につぎつぎ現れる魔人・妖人。天使にはなつかれ、あまつさえ、あの天草四郎にさらわれてしまったのだ! おまえら江戸時代の人間じゃなかったのか!! ……とは言えない気弱な鷹彦。彼の前に、キリシタンをめぐる怖るべき秘密が明かされようとしていた。
     ドタバタ痛快伝奇アクション、第1弾。

    ●加門七海(かもん・ななみ)
    東京都生まれ。オカルト・風水・民俗学などに造詣が深く、怪談、エッセイ、フィールドワーク作品などを著す。最新刊は『お咒い日和 その解説と実際』(KADOKAWA)。小説に『目嚢』『祝山』『鳥辺野にて』など、エッセイ『猫怪々』『霊能動物館』『墨東地霊散歩』など多数。
  • ※Yahoo!プレミアム会員のお客様は、「価格」欄にYahoo!プレミアムがついた作品を会員価格でご購入いただけます。
    Yahoo!プレミアム会員登録はこちら
  • ※「立ち読み 多」は立ち読みが50ページ以上ある作品です。
  • ※「NEW!」は提供開始1週間以内の作品です。
  • ※「」の作品を選択すると、「Renta!」に遷移します。遷移先のページと表示価格が異なる場合がありますので、ご了承ください。

条件を絞り込む

カテゴリー

コミック

(2)

女性コミック

(2)

書籍

(1150)

文芸

(899)

エンターテイメント

(133)

ビジネス

(9)

生活、実用

(25)

専門書

(20)

ライトノベル

(34)

ロマンス

(8)

官能

(22)

写真集

(3)

出版社

アドレナライズ

(1150)

双葉社

(2)

PHP研究所

(1)

幻冬舎

(1)

日経BP社

(1)
対応デバイス

商品属性

商品形態
価格
  • 円~