女子コミ!

ブックストアトップ 

コミック 

ロマンス 

4姉妹の華燭の典 セット(ハーレクイン全巻セット) 

お客様のご利用環境では、書籍を閲覧するための専用ビューアーをご利用になれません。

必要な動作環境はこちら

複数セット 4姉妹の華燭の典 セット(ハーレクイン全巻セット) 

4姉妹の華燭の典 セット(ハーレクイン全巻セット)

ミニシリーズ四部作<4姉妹の華燭の典>。宝石の名をもつ個性豊かな4姉妹の恋愛物語です。第一話では長女のキャッツと石油王のミハイル。第二話では2番目双子の姉サファイアとシークのザヒール。第三話では2番目双子の妹エミーと社長のバスティアン。最終話は末っ子のトプシーと銀行頭取のダンテ。「純粋すぎる愛人」「熱砂にさらわれて」「恋人を演じる一夜」「億万長者の大誤算」の4巻をまとめて収録。

価格:2,000円+税160円

セット価格: 1,600円+税128円 (432円オフ!)

Tポイント進呈! プレミアム会員なら2倍!!

Tポイントでもご購入できます! 詳しくはこちら

対応デバイス:
  • パソコン
  • スマートフォン
  • タブレット

本作品はお客様がご利用されている 環境には対応しておりません。

この商品は電子書籍です。紙の書籍ではありません。

提供作品 1~4件目 / 4件

  • 純粋すぎる愛人  4姉妹の華燭の典  I

    純粋すぎる愛人  4姉妹の華燭の典 I

    著作:岡田純子

    原作:リン・グレアム

    価格:500円+税40円

    キャッツは小さな宿を営みながら妹たちの面倒をみていた。しかし経営はうまく続かず、ついに宿の権利は人手に渡ってしまう。途方にくれながらも、細々と経営を続けるなか、嵐の最中に訪れた男の客にキャッツは心が揺さぶられた。彼はあまりにもハンサムだったのだ。もちろん彼女の心など気がつかない男は翌日に発っていった。数日後、その男は再び宿を訪れミハイルと名乗る。彼はキャットの宿の権利を手に入れたと言う。そして、彼は彼女に悪魔の提案をしてきた!!

  • 熱砂にさらわれて  4姉妹の華燭の典  II

    熱砂にさらわれて  4姉妹の華燭の典 II

    著作:岡田純子

    原作:リン・グレアム

    価格:500円+税40円

    砂漠の国マラバーンの若き国王・ザヒールは意外な報告に驚いていた。彼の前妻のサファイアが、この国に来ていると言うのだ。彼女は5年前に、一方的に離婚を願い出て去っていった。あんなに愛しあっていたのに!! そしてサファイアは突然、宮殿につれ出され監禁されてしまう。途方にくれる彼女の前に現れたのがザヒールだった。再会した瞬間、ふたりの間にはまだ愛が続いているのを認めざるを得なかった。だが彼女には大きな秘密があった!!

  • 恋人を演じる一夜  4姉妹の華燭の典 III

    恋人を演じる一夜  4姉妹の華燭の典 III

    著作:岡田純子

    原作:リン・グレアム

    価格:500円+税40円

    エミーは仕事一筋の社長秘書。あまりにも仕事人間すぎて、社長のバスティアンはちょっとイラついていた。そんな時、彼は彼女がデート・クラブのコンパニオンとして登録されているのを見つけてしまう。しかも、かなりセクシーな女性として…。実は彼女の母親が勝手に写真を使っていたのだ。これを知った彼女は当然にも激怒したが、どうしても断れない客がいると言うので、1回だけならの条件で客とのデートをひき受けた。ところが客に会ってみたら、それはなんと…!!

  • 億万長者の大誤算  4姉妹の華燭の典 IV

    億万長者の大誤算  4姉妹の華燭の典 IV

    著作:岡田純子

    原作:リン・グレアム

    価格:500円+税40円

    トプシーは実の父親を捜していた。父親の名を聞きだすために、母の経営するエスコートクラブを1回だけ手伝ったのだ。父の住んでいるイタリアに渡り、やっと父に会えたのだが、まだ名乗り出るわけにはいかない。父のかたわらにはちょっと素敵なダンテがいた。トプシーに反感をもったダンテだったが、彼女がエスコートクラブに登録されているのを知った彼はますます反感を持ってしまう。実は彼女はたった1回だけの仕事も、客とただ食事をしただけだったのだが…。

  • (C)Harlequin
  • ※作品により、電子書籍と紙の書籍とでは内容が違う場合がございます。
  • ※Yahoo!プレミアム会員のお客様は、「価格」欄にYahoo!プレミアムのアイコンがついた作品を会員価格でご購入いただけます。
Yahoo!プレミアム会員登録はこちら
  • 漫画家 藤田和子 × 小林博美 特集
  • 禁断の恋特集
  • ヒストリカルロマンス特集

▲ページトップへ