ブックストアトップ 

書籍 

ロマンス 

恥ずかしいお稽古~禁断の赤い縄~

お客様のご利用環境では、書籍を閲覧するための専用ビューアーをご利用になれません。

必要な動作環境はこちら

恥ずかしいお稽古~禁断の赤い縄~ 作品一覧 (1作品)

著作:冴月さくら

カテゴリー: ロマンス

対応デバイス:
  • パソコン
  • スマートフォン
  • タブレット

お気に入りに登録する

元キャバクラ嬢新米芸者「真菜」は、ネットで偶然見つけた『芸者募集』に興味を引かれ、芸者の道へ。
今日のお座敷は、先輩芸者「亜弥菜」の常連客の息子が相手。
「真菜さんのこと、かなり気に入っていたから、口説かれるかもよ」
「柿田様なら口説かれてもいいかも、優しそうだし」

そしてお座敷……
「今夜はこのまま帰したくない。僕をここに一人きりにするつもり?」
「……帰り……たくない」
「いい子だ」
「自分で脱ぐかい?」
「は、恥ずかしい……」
翔一はソファーの中から、赤い縄を取り出すと、真菜を縛り始めた。薄桃色の長襦袢に赤い縄が掛けられていく。

現役芸者の体験を元に書き起こした、ノンフィクション官能小説。※情報は同一タイトルの先頭作品のものです。

恥ずかしいお稽古~禁断の赤い縄~

恥ずかしいお稽古~禁断の赤い縄~

  • ※「立ち読み 多」は立ち読みが50ページ以上ある作品です。
  • ※「NEW!」は提供開始1週間以内の作品です。

▲ページトップへ