ブックストアトップ 

書籍 

専門書 

往生要集 全現代語訳

お客様のご利用環境では、書籍を閲覧するための専用ビューアーをご利用になれません。

必要な動作環境はこちら

往生要集 全現代語訳 作品一覧 (1作品)

著作:源信

訳:

カテゴリー: 専門書

対応デバイス:
  • パソコン
  • スマートフォン
  • タブレット

お気に入りに登録する

極楽と地獄の観念はなにに根ざすのか。平安時代中期の僧・源信(942-1017)が極楽往生にまつわる重要な要素を集成した『往生要集』は、「極楽」と「地獄」の概念を明示し日本浄土教の基礎を築いた日本仏教史上最重要の仏教書である。川崎庸之、秋山虔、土田直鎮の三碩学が平易な現代語訳として甦らせた本格的決定版の文庫化。(原本:『日本の名著 第4巻 源信』中央公論社刊、1972年所収『往生要集』)※情報は同一タイトルの先頭作品のものです。

往生要集 全現代語訳

往生要集 全現代語訳

  • ※「立ち読み 多」は立ち読みが50ページ以上ある作品です。
  • ※「NEW!」は提供開始1週間以内の作品です。

▲ページトップへ

お得にイッキ読み!電子コミックセット商品が最大50%OFF!! 閉じる