ブックストアトップ 

書籍 

専門書 

今こそ見ておきたい三陸鉄道

お客様のご利用環境では、書籍を閲覧するための専用ビューアーをご利用になれません。

必要な動作環境はこちら

今こそ見ておきたい三陸鉄道 作品一覧 (1作品)

著作:Yahoo! JAPAN 編

カテゴリー: 専門書

対応デバイス:
  • パソコン
  • スマートフォン
  • タブレット

お気に入りに登録する

2011年3月11日、東日本を襲った大地震と大津波で駅舎や線路に大打撃を受けた、岩手県の沿岸部を走る三陸鉄道。その惨状のなか、震災5日後に一部区間で運転を再開。2014年の完全復旧へ向けて今も立ち向かうその過程を「今こそ」見て知って、三陸鉄道や被災地全体の復興支援につなげてみませんか? さまざまな立場の人たちの三陸鉄道への思いが一冊の本へ。この本を読み終えたときには、きっと「また乗りたい」「ぜひ乗ってみたい」と思ってしまうはず。さあ、三陸鉄道の旅に出発進行!


【主な内容】
東日本大震災による三陸鉄道の被害の概要
路線図で見る段階的な運転再開
北リアス線運転士インタビュー(震災発生時に運転中)
被災5日後の運転再開
震災から1年、緊張の試運転を振り返る
2014年、南北リアス線の全線復旧にむけて
2013年4月導入の新車両紹介

押し寄せる津波から、よつんばいで逃げた高齢者
震度4の田野畑村「津波がすべてだった」
バスでカバーしにくい場所を走っていた三鉄
現場に行き、直接のることが支援
私たちにとっての「さんてつ」~地元の方々の声~
無事な家々、三鉄の線路に守られた集落のよう
階段を登って気づく、津波で曲がった鉄柵
三鉄の枕木
今から夢見る三陸鉄道の旅※情報は同一タイトルの先頭作品のものです。

今こそ見ておきたい三陸鉄道

今こそ見ておきたい三陸鉄道

  • ※「立ち読み 多」は立ち読みが50ページ以上ある作品です。
  • ※「NEW!」は提供開始1週間以内の作品です。

▲ページトップへ