コミック、ラノベ、文芸などの電子書籍が満載! 無料で立ち読みも!!

356,939冊配信中!(2016年12月11日現在)

Yahoo!ブックストアガイド

続巻通知 お気に入り わたしの本棚
女子コミ!

ブックストアトップ 

書籍 

文芸 

一度は読むべき 学問のすすめ

お客様のご利用環境では、書籍を閲覧するための専用ビューアーをご利用になれません。

必要な動作環境はこちら

一度は読むべき 学問のすすめ

著作:福沢諭吉

価格: 210円+税16円

Tポイント進呈! プレミアム会員なら2倍!!

Tポイントでもご購入できます! 登録はこちら

お買い物の前に3,000ポイントゲット!

人にとって「学び」とは何なのかが理解できる!

「天は人の上に人を造らず人の下に人を造らず」という冒頭の一文はあまりにも有名です。
きっと日本人なら誰しもが、どこかで耳にしたことがある人がほとんどです。
しかし、この一文だけで完結することはできません。
本書との出会いを逃さずに福沢諭吉の考えていることを理解してみましょう。
全十七編で構成される本書には、さまざまな具体例挙げながら、勉強をすることの大切さを説明しています。
なぜ自分は勉強しなくてはいけないのだろうか?
と、一度でも疑問に思ったことがあるなら、本書を読めばきっとその理由が分かるはずです。
人にとって「学ぶこと」が如何に重要なことであるかを理解することができるのでオススメです。

【目次】
初編
・端書(はしがき)
二編
・端書
・人は同等なること
三編
・国は同等なること
・一身独立して一国独立すること
四編
・学者の職分を論ず
・付録
五編
・明治七年一月一日の詞
六編
・国法の貴きを論ず
七編
・国民の職分を論ず
八編
・わが心をもって他人の身を制すべからず
九編
・学問の旨を二様に記して 中津の旧友に贈る文
十編
・前編のつづき、中津の旧友に贈る
十一編
・名分をもって偽君子を生ずるの論
十二編
・演説の法を勧むるの説
・人の品行は高尚ならざるべからざるの論
十三編
・怨望の人間に害あるを論ず
十四編
・心事の棚卸し
・世話の字の義
十五編
・事物を疑いて取捨を断ずること
十六編
・手近く独立を守ること
・心事と働きと相当すべきの論
十七編
・人望論

対応デバイス:
  • パソコン
  • スマートフォン
  • タブレット
  • アプリ未対応

本作品はお客様がご利用されている 環境には対応しておりません。

この商品は電子書籍です。紙の書籍ではありません。

  • ※作品により、電子書籍と紙の書籍とでは内容が違う場合がございます。
  • ※Yahoo!プレミアム会員のお客様は、「価格」欄にYahoo!プレミアムのアイコンがついた作品を会員価格でご購入いただけます。
Yahoo!プレミアム会員登録はこちら
一度は読むべき 学問のすすめ
提供
開始日
2013年
12月19日
ファイル
容量
約2MB
初版 -
掲載雑誌
/レーベル
-
出版社 ゴマブックス株式会社
カテゴリー 文芸
ジャンル 評論
  • 超訳シリーズ350円キャンペーン(書籍)
  • 人には言えない女の悩み解決フェア ~ファッション・美容・恋愛・SEX~(書籍)
  • 光文社新書 週替わりフェア(書籍)

▲ページトップへ

タイプを選び、表示されたソースを貼りつけてください。

閉じる