コミック、ラノベ、文芸などの電子書籍が満載! 無料で立ち読みも!!

356,869冊配信中!(2016年12月10日現在)

Yahoo!ブックストアガイド

続巻通知 お気に入り わたしの本棚
女子コミ!

ブックストアトップ 

書籍 

専門書 

昭和天皇、敗戦からの戦い―昭和史の大河を往く〈第3集〉

お客様のご利用環境では、書籍を閲覧するための専用ビューアーをご利用になれません。

必要な動作環境はこちら

昭和天皇、敗戦からの戦い―昭和史の大河を往く〈第3集〉

著作:保阪正康

価格: 800円+税64円

Tポイント進呈! プレミアム会員なら2倍!!

Tポイントでもご購入できます! 登録はこちら

お買い物の前に3,000ポイントゲット!

昭和天皇と弟宮が生きた昭和という「哀しみ」の時代。皇居の濠を隔てて対峙する昭和天皇とマッカーサーの息詰まる心理戦。“天皇制下の民主主義体制”へ、この国のかたちを決めた決断の時を、昭和天皇と三人の弟宮が担った歴史的使命を、新視点で問い直す。<目次>昭和天皇とマッカーサー皇居の濠を隔てて対峙する二人の視線占領者と被占領者の「黙契もっけい」皇居前広場にこだまする「音」極秘裏に行われた両者の第二回会見占領者の帰国と被占領者の意思昭和天皇と弟宮富士山を見つめていた秩父宮秩父宮──近代日本で初めて経験する第二皇子という立場秩父宮──日米開戦と御殿場での療養の日々八月十五日の秩父宮──開かれた皇室への舵取り役昭和天皇の弟宮たちへの思い──二・二六事件に際して明治天皇の期待を担った皇孫たち──皇室の近代化への道大正期──それぞれの道を進む皇子たち高松宮の最期の日々──昭和天皇との思い出日米開戦前夜──高松宮の昭和天皇への進言新発見『小倉侍従日記』が伝える高松宮と昭和天皇との激論終戦後の高松宮──兄宮の「人間宣言」を側面から支援三笠宮崇仁殿下が著者に託された資料──戦争への真摯な反省の念三笠宮崇仁殿下──終戦への戦い三笠宮崇仁殿下──戦時に日本軍の誤りを指摘昭和天皇と弟宮が生きた昭和という「哀しみ」の時代〈同時代史〉から〈歴史〉へ移行する昭和天皇像相次いで公開された側近たちの記録が伝える昭和天皇像昭和天皇にとっての八月十五日──先帝を超えてあとがきに代えて──昭和天皇の勝利、天皇制下の民主主義体制へ

対応デバイス:
  • パソコン
  • スマートフォン
  • タブレット
  • アプリ未対応

本作品はお客様がご利用されている 環境には対応しておりません。

この商品は電子書籍です。紙の書籍ではありません。

  • ※作品により、電子書籍と紙の書籍とでは内容が違う場合がございます。
  • ※Yahoo!プレミアム会員のお客様は、「価格」欄にYahoo!プレミアムのアイコンがついた作品を会員価格でご購入いただけます。
Yahoo!プレミアム会員登録はこちら
昭和天皇、敗戦からの戦い―昭和史の大河を往く〈第3集〉
提供
開始日
2013年
11月29日
ファイル
容量
約16MB
初版 -
掲載雑誌
/レーベル
-
出版社 毎日新聞出版
カテゴリー 専門書
ジャンル 歴史、地理
  • 司馬遼太郎『この国のかたち』『ビジネスマンのための新論語』刊行記念フェア(書籍)
  • 人には言えない女の悩み解決フェア ~ファッション・美容・恋愛・SEX~(書籍)
  • 光文社新書 週替わりフェア(書籍)

▲ページトップへ

タイプを選び、表示されたソースを貼りつけてください。

閉じる