コミック、ラノベ、文芸などの電子書籍が満載! 無料で立ち読みも!!

355,935冊配信中!(2016年12月9日現在)

Yahoo!ブックストアガイド

続巻通知 お気に入り わたしの本棚
女子コミ!

ブックストアトップ 

書籍 

専門書 

テレビの「敗戦」とテレビの「復活」

お客様のご利用環境では、書籍を閲覧するための専用ビューアーをご利用になれません。

必要な動作環境はこちら

テレビの「敗戦」とテレビの「復活」

著作:西田宗千佳

価格: 500円+税40円

Tポイント進呈! プレミアム会員なら2倍!!

Tポイントでもご購入できます! 登録はこちら

お買い物の前に3,000ポイントゲット!

Impress IT Critics?テーマごとに読み切りでわかる最新のIT動向今回のテーマは「テレビ」。地デジ移行の需要が終わった2013年現在、日本の家電メーカーは、苦境にある。そこで、常に「戦犯」として名指しされているのがテレビだ。利益を生みづらくて先行きが見えない。テレビはそういう存在になっている。その一方で、スマートテレビ、4Kといったニューキーワードも登場し、機能や利用シーンも多面化している。そしてメディアとしての影響力はまだまだ巨大だ。本書では、テレビの「今」を分析し、これからの「機器産業」と「コンテンツ産業」を考えて未来。いくつかの法則で考えていくと、意外とその未来はシンプルに見えてくる。<目次>日本のテレビは「自滅した」量販店との関係がテレビを悪くした「液晶製造」のジレンマなぜ日本メーカーはサムスン・LGに負けたのか「スマートテレビ」とはなにか「スマートビエラ」騒動の真実「ドット」を超える!? 4Kの価値多様な価値に答えるのが復活の糸口<著者プロフィール>西田宗千佳(にしだ むねちか)ジャーナリスト。1971年福井県生まれ。得意ジャンルは、パソコン・デジタルAV・家電、ネットワーク関連など「電気かデータが流れるもの全般」。主に、取材記事と個人向け解説記事を担当。Twitter:@mnishi41mnishi@mbj.nifty.com個人媒体(メールマガジン)『西田宗千佳のRandom Analysis』(月2回刊・月額420円、毎回1万字以上の書き下ろしルポを掲載。http://magon.impress.co.jp/writer/nishidamr001.html)

対応デバイス:
  • パソコン
  • スマートフォン
  • タブレット
  • アプリ未対応

本作品はお客様がご利用されている 環境には対応しておりません。

この商品は電子書籍です。紙の書籍ではありません。

  • ※作品により、電子書籍と紙の書籍とでは内容が違う場合がございます。
  • ※Yahoo!プレミアム会員のお客様は、「価格」欄にYahoo!プレミアムのアイコンがついた作品を会員価格でご購入いただけます。
Yahoo!プレミアム会員登録はこちら
テレビの「敗戦」とテレビの「復活」
提供
開始日
2013年
11月21日
ファイル
容量
約5MB
初版 -
掲載雑誌
/レーベル
impress QuickBooks
出版社 インプレス
カテゴリー 専門書
ジャンル ビジネス、経済
  • 超訳シリーズ350円キャンペーン(書籍)
  • 酉年に焼き鳥にならないための麻雀本特集(書籍)
  • 人には言えない女の悩み解決フェア ~ファッション・美容・恋愛・SEX~(書籍)

▲ページトップへ

タイプを選び、表示されたソースを貼りつけてください。

閉じる