コミック、ラノベ、文芸などの電子書籍が満載! 無料で立ち読みも!!

356,869冊配信中!(2016年12月10日現在)

Yahoo!ブックストアガイド

続巻通知 お気に入り わたしの本棚
女子コミ!

ブックストアトップ 

書籍 

文芸 

NOVA1【分冊版】黎明コンビニ血祭り実話SP

お客様のご利用環境では、書籍を閲覧するための専用ビューアーをご利用になれません。

必要な動作環境はこちら

NOVA1【分冊版】黎明コンビニ血祭り実話SP

価格: 100円+税8円

Tポイント進呈! プレミアム会員なら2倍!!

Tポイントでもご購入できます! 登録はこちら

お買い物の前に3,000ポイントゲット!

テキストによる現実改変が炸裂し、スプラッタテイスト満点の戦闘が展開される本格SF短編。
SF界屈指の翻訳者/書評家・大森望の責任編集でお届けするオリジナル日本SFアンソロジー『NOVA1』(全11編)の分冊版。「黎明コンビニ血祭り実話SP」(解説:大森望)に併せて、「序」(大森望)収録。
【作品冒頭】
 夜明けが近い。
 カワタは子供の死を看取るかのような表情で、棚に商品を並べていた。憂鬱だった。深夜のコンビニバイト歴が長い彼は、経験としてこの時間帯に来る客がろくでもない人間ばかりであることを知っていた。
 店内にいる客をそれとなく観察する。本来この時間帯は客などほとんどいないのだ。客がいなければ、店長もいないこの時間、休憩し放題だ。普通夜勤には防犯の意味もあって、二人で勤務させる店が多い。だがこの店のオーナーは、どうせ暇なのだからと夜勤は一人に定めていた。カワタが夜勤のバイトを続けているのは、一人で気楽に仕事が出来る、いや、休憩が出来るからだ。だが客が一人でもいれば休憩など出来ない。だからこの時間に来て長居する客を、カワタは本気で呪う。この時間に長時間立ち読みなどをされると、発作的に後ろから絞め殺してしまいそうになる。

対応デバイス:
  • パソコン
  • スマートフォン
  • タブレット
  • アプリ未対応

本作品はお客様がご利用されている 環境には対応しておりません。

この商品は電子書籍です。紙の書籍ではありません。

  • ※作品により、電子書籍と紙の書籍とでは内容が違う場合がございます。
  • ※Yahoo!プレミアム会員のお客様は、「価格」欄にYahoo!プレミアムのアイコンがついた作品を会員価格でご購入いただけます。
Yahoo!プレミアム会員登録はこちら
NOVA1【分冊版】黎明コンビニ血祭り実話SP
提供
開始日
2013年
8月20日
ファイル
容量
約1MB
初版 -
掲載雑誌
/レーベル
河出文庫
出版社 河出書房新社
カテゴリー 文芸
ジャンル 日本SF、ファンタジー
  • 光文社新書 週替わりフェア(書籍)
  • 大掃除の準備にお役立ち!!収納本28タイトル半額キャンペーン(書籍)
  • 超訳シリーズ350円キャンペーン(書籍)

▲ページトップへ

タイプを選び、表示されたソースを貼りつけてください。

閉じる