コミック、ラノベ、文芸などの電子書籍が満載! 無料で立ち読みも!!

355,603冊配信中!(2016年12月5日現在)

Yahoo!ブックストアガイド

続巻通知 お気に入り わたしの本棚
女子コミ!

お客様のご利用環境では、書籍を閲覧するための専用ビューアーをご利用になれません。

必要な動作環境はこちら

オグロサマ 朱の絹織編

著作:梅津裕一

価格: 300円+税24円

Tポイント進呈! プレミアム会員なら2倍!!

Tポイントでもご購入できます! 登録はこちら

お買い物の前に3,000ポイントゲット!

ある日、首にできた奇怪な痣《あざ》──。
それは、まるで小さな子供に物凄い力で絞められたかのような痕だった。知らないうちにできた傷跡が、たまたま小さな手形のように見える……そう考えるのが普通だ。しかし、小黒和彦には痣の原因に心当たりがあった。
「オグロサマの祟りかもしれない……」
東京の大学に通っていた和彦は、5年ぶりに故郷「繭里庄」の土を踏む。自分の生家・小黒の家の特異な信仰が、首の痣に深く関係していると考えたからだ。
「ほら、やっぱり戻ってきた」
久しぶりに帰省した和彦を、あたかも予見していたかのように出迎える双子の妹、繭と絹。二人は一卵性双生児なのだが、お互いの顔立ち以上に小黒の女特有の「異質さ」が似ている。小黒家は特殊な女系一族で、代々女だけに伝えられ、守られてきた秘密がある。それが、妹たちを異質な存在にしているのだ。
そして、その秘密は小黒家だけでなく、繭里庄全体をも支配してきた。逆らえば、呪われる。裏切れば、祟られる……。恐怖で村人を支配するその力こそ、小黒家が信仰する──オグロサマなのだ。
和彦の首にできた奇怪な痣。小黒家の事業への融資を渋った銀行員の変死。立て続けに村で起こる怪事件の数々……。小黒家の異常な慣習と黒い歴史の中心にいるオグロサマとは、いったい……?

奇才・梅津裕一のノンストップホラーが、業界初のマルチ・シナリオ・ノベルで登場! 血塗られた物語の結末は、アナタが決める……。
和彦は絹のことが特に気になっている……と思う方のための『朱の絹織編』。


※『オグロサマ』シリーズは、シリーズ共通のプロローグである『始まりの書』から、『黒の玉繭編』『朱の絹織編』『白のくくり糸編』『黄金の木編』」の4つに物語が分岐しています。それぞれの物語の主人公と登場人物は共通ですが、ストーリー展開はまったく異なっています。
今回の電子書籍化にあたっては、4つのルート毎にそれぞれまとめられていますが、すべて独立した作品として楽しむことができます。
本書は、『朱の絹織編』を収録しています。

ただ、『オグロサマ』シリーズは、分岐したシナリオ同士が絡み合い、パラレルに進行していく作品ですので、シリーズすべてを読むことでより深く物語世界に浸ることができると考えております。どのルートから読んでいただいても構いませんが、「黄金の木編」のみ作品全体の構成上、ほかのルートをお楽しみいただいてから読まれることをお勧めいたします。
さらに電子書籍版の特別付録として、それぞれのルートにおいて読者投票で選ばれなかった“幻の未公開エンディング”を収録!! ついに『オグロサマ』シリーズの全貌が明らかになります。

※『オグロサマ』シリーズ、『黒の玉繭編』『朱の絹織編』『白のくくり糸編』『黄金の木編』について、前半部分の『始まりの書』は4作品とも同一となっておりますので、予めご了承ください。

対応デバイス:
  • パソコン
  • スマートフォン
  • タブレット

本作品はお客様がご利用されている 環境には対応しておりません。

この商品は電子書籍です。紙の書籍ではありません。

オグロサマ オグロサマ オグロサマ      

オグロサマ

オグロサマ

オグロサマ

     
           

  • ※作品により、電子書籍と紙の書籍とでは内容が違う場合がございます。
  • ※Yahoo!プレミアム会員のお客様は、「価格」欄にYahoo!プレミアムのアイコンがついた作品を会員価格でご購入いただけます。
Yahoo!プレミアム会員登録はこちら
オグロサマ 朱の絹織編
提供
開始日
2012年
9月14日
総ページ数 729ページ
立ち読み
ページ数
21ページ
ファイル
容量
約93MB
初版 -
掲載雑誌
/レーベル
-
出版社 キリック
カテゴリー 文芸
ジャンル ホラー、怪談
  • 光文社新書 週替わりフェア(書籍)
  • 【無料】ビーンズ文庫15周年フェア(書籍)
  • 超訳シリーズ350円キャンペーン(書籍)

▲ページトップへ

タイプを選び、表示されたソースを貼りつけてください。

閉じる